第11号 『スペースゴジラ』制作記~その2

100円ショップの石粉粘土でのフルスクラッチ『スペースゴジラ』制作日記、その2回目です。



本題の前に、ちょっとお知らせ。
6月に入ってすぐくらいに、バトラ&ガメラと同時期に少しずつ制作していた『初代ゴジラ』がなんとか完成しました!

ですが、諸事情により、まだお見せする事ができません。
おそらく、7月の後半くらいにはブログに載せることができるかと思います。

なので、初ゴジもお楽しみに!ということでお願いします(笑)



さて、ここから本題です!
前回は頭部の制作で終わり、その後、胴体・肩(結晶部分を含む)・脚の芯を制作し、厚みを考えながら粘土を盛っていきました。



そして、牙を植えこんだ頭部をドッキングさせ、バランスを見ながら腹部のモールドをしていきました。
第11号 『スペースゴジラ』制作記~その2(1)
腹部の複雑なモールドのせいで、後から修正する時に苦労しそうです(汗)



今後、表皮のモールドを考えると、首と肩の間は、もう少し盛り上げた方が良さそうかな?
第11号 『スペースゴジラ』制作記~その2(2)
若干、後頭部あたりに違和感があるので、頭部はまだ様子見です。



口の横に生えている牙も変な感じなので、もう少し修正を加えなければ・・・。
第11号 『スペースゴジラ』制作記~その2(3)
というわけで、スペゴジはこんな感じで作ってます。



考えているようなフォルムにならなくて苦労してますが、まだ始めたばかりなので、追々何とかしたいと思います(笑)



そんな感じ。



← to be continued
スポンサーサイト

第11号 『スペースゴジラ』制作記~その1

静岡ホビーショーでは、いろんな作品を拝見し、、また一般からモデラーといった様々な方々とお話しさせて頂いた事で、自分の作品に若干の自信が付いたような気がします。



とはいえ、その自信も諸刃の剣なので、せめて今の実力を図るという意味で、今回は自分の中で、少し敬遠していたテーマ(怪獣)を制作することを決意しました。



コレです・・・↓


1994年公開『ゴジラVSスペースゴジラ』より、
第11号 『別名 “戦闘生命”』制作記~その1 (1)
スペースゴジラ


です・・・。



スペースゴジラは、“破壊神”、“戦闘生命”、“宇宙凶悪戦闘獣”などの別名を持つ、ゴジラ細胞から生まれた宇宙怪獣。

その力は、おそらく数ある宇宙怪獣の中でもトップクラスの性能を誇ると勝手に思っています。
ただ、地球上では結晶体から宇宙エネルギーを取り入れないと、力を保持できないらしいです。



なぜ、このスぺゴジを敬遠していたかというと、一言で言ってしまえば「面倒くさそう・・・」だからです。
ゴジラだってまだ満足に作れないのに、さらに難易度の上がるスぺゴジは正直作りたくないと思っていました。


でも、面白そうという謎の衝動に駆られてしまったのです(笑)



とりあえず、資料集めをしてみました。
第11号 『別名 “戦闘生命”』制作記~その1 (2)>
「愛蔵版 ゴジラVSスペースゴジラ超全集」


と言っても、今回は新しい資料を買うことはせず、基本的には家にあるもので何とかなりそうです。
第11号 『別名 “戦闘生命”』制作記~その1 (3)

こんな感じで掲載されています。
第11号 『別名 “戦闘生命”』制作記~その1 (4)
子どもの頃からの愛読書なので、かなりボロボロになってます(泣)



立体資料として、モンスターアーツのスぺゴジにもお手伝いしていただきます。
第11号 『別名 “戦闘生命”』制作記~その1 (5)



そして、またザックリとしたイメージ画を描きました。
第11号 『別名 “戦闘生命”』制作記~その1 (6)


絵で描いても難しい・・・。
第11号 『別名 “戦闘生命”』制作記~その1 (7)


落書きもちょっとだけ。
第11号 『別名 “戦闘生命”』制作記~その1 (8)
『超(スーパー)ゴジラVSスペースゴジラ』

スーパーファミコンソフト『超ゴジラ』に登場したゴジラのパワーアップ進化した“超(スーパー)ゴジラ”と対決させてみました。
ちなみに、スペースゴジラは、超ゴジラを元にデザインされた怪獣ですね。



というわけで、制作開始です!!

なんか、不安しかない(笑)



<制作開始:2017年6月2日>

いつも通り、イメージ画の大きさを参考に頭部から制作していきます。
一応、今回も40cm級になるように制作するつもりですが、できた頭部の大きさに合わせて胴体を制作していくので、あとで大きさが変わることがあります。

今までの怪獣は全て40cm想定で作り始めて、全て数cm小さくなりました(笑)
と言っても、体勢にもよるのですが。


現在のところ、こんな感じになっています。
第11号 『別名 “戦闘生命”』制作記~その1 (9)
実は、ゴジラの頭部だけなら、ある程度できているものがあったので、それをベースにスペゴジにしていきました。



というのも、「バトラ幼虫」を制作している時、劇中の再現がしたくて、当初ゴジラを土台とした台座に、バトラを覆いかぶさる様に乗せたいと思っていたので、ゴジラの上あごをとりあえず作っていました。
第11号 『別名 “戦闘生命”』制作記~その1 (10)
こんな感じになる予定でしたが、いざ絵にしてみると、ゴジラをほぼ全身作らなければならないことに気づいたので、制作を断念しました。それにこの頃は、ガメラに心が動き始めた頃なので、バトラを早く完成させたかったんです。

ただ、ゴジラを作らなくていい代わりに、前傾姿勢だったバトラの体勢を変更しなければいけなくなったのですが(汗)



別角度。
第11号 『別名 “戦闘生命”』制作記~その1 (11)


第11号 『別名 “戦闘生命”』制作記~その1 (12)


第11号 『別名 “戦闘生命”』制作記~その1 (13)
下顎はまだ芯の状態です。

上あごがある程度できたら、牙を植えこ見たいと思います。



そんなこんなで、いろんな意味で大変なテーマを選んでしまいました!

自分の中でスペゴジは正面ならまだ何とかなると思っているのですが、問題は“背中”だと思っています。


どんなスペゴジになるかわかりませんが、温かい目でお付き合いくだされば幸いです(笑)



そんな感じ。



← to be continued

久しぶりに一番くじ ~ガルパン編~

趣味&粘土怪獣造形ブログにするべく、新しいブログタイトルを考えているのですが、なかなかどうして…、浮かばないものですね~。

また、G3ガメラに続く新作は一応決まりましたので、近いうちにまた報告させていただきます。




さて!



今回は、久しぶりに一番くじを引いてきましたよ!
久しぶりに一番くじ ~ガルパン編~(1)
一番くじ ガールズ&パンツァー 劇場版 ~戦車道大作戦! PART 1~



私の「ガルパン」知識は、ものすごく浅いのですが、K賞のクリアファイル狙いで“4回”ドローしました!


何が当たるかザックリ解説すると、
A~I賞がタオル、J賞がラバスト、K賞がクリアファイル、となっています。


今回の狙いは最下位賞のK賞なので、いつもの上位賞フィギュア狙いの時と違って、軽い気持ちで引きました。




そんなわけで、戦利品↓
久しぶりに一番くじ ~ガルパン編~(2)
K賞 クリアファイルセット


狙い通り!クリアファイルを二つゲットしました!


しかし、問題は中身です。
全23種類、2枚1セットですが、中身の組み合わせは決まっています。



開封~。
久しぶりに一番くじ ~ガルパン編~(3)
西住みほ&秋山優花里



久しぶりに一番くじ ~ガルパン編~(4)
西住まほ&逸見エリカ



という結果でした。

狙いは外しましたが、西住姉妹が揃ったのはちょっと嬉しい(笑)



さぁ、残る2枚ですが、



以下の通りです↓



久しぶりに一番くじ ~ガルパン編~(5)

久しぶりに一番くじ ~ガルパン編~(6)
D賞 アンツィオ高校 ビジュアルタオル

アンチョビ~。



そして、ラスト。
久しぶりに一番くじ ~ガルパン編~(7)

久しぶりに一番くじ ~ガルパン編~(8)
A賞 大洗女子学園 ビジュアルタオル

西住殿~!



というわけで、残る2枚は、両方ともタオルでした!!

ちゃんと観てない私としては、両方知ってるキャラで助かりましたが、今回は全部K賞でも良かったので、ちょっと複雑な感じです(笑)


あとで気になってアソート内容を調べたら、MAX80個中(ラストワンは除く)、上位のタオル・A賞は4個、B~I賞は2個ずつあるそうです。
なぜ、A賞だけ4個もあるんだろ?


まぁいいや。




そんなこんなで、今回はこんな感じでした。
久しぶりに一番くじ ~ガルパン編~(9)
久しぶりの一番くじ、狙っていたキャラは出ませんでしたが、それでも良い感じの結果でした!



そんな感じ。


おわり。

第10.5号 『昭和ガメラ?』制作記~その1

モデラーとして初参加した静岡ホビーショーから2週間が経過し、そろそろ趣味&怪獣造形ブログにするべく、この長くて意味不明なブログタイトルを変えようかな?と思うようになりました。


が、未だ思い浮かばず悩んでいる今日この頃・・・。



さらに、G3ガメラに続く、新作も考えている最中です。
一応、ゴジラシリーズの敵怪獣を考えていますが、・・・決めかねています(汗)



しかし、いろいろ悩んでしまっては更新も滞ってしまうので、今回はある意味新作なのですが、番外編として制作しているモノを紹介します。



コレです↓
第11号 『昭和ガメラ?』制作記~その1 (1)
『昭和ガメラ?』です。



<制作開始:3月下旬頃~>
いつも通り、100円ショップの石粉粘土でのフルスクラッチです!

前作の「G3ガメラ」制作の合間に適当に制作を始めたものなので、G3ガメラの“番外編”だと思ってください。
なので、タイトルの制作番号も“10.5”としました。



『昭和ガメラ』というザックリとしたテーマですが、イメージは昭和シリーズの「ガメラ」です。
一応、『ガメラ対バルゴン』の時のガメラを参考にしてはいますが、あまりシリーズは気にしないで制作しています。

その理由は、追々わかるかと思います。



サイズは、これまでの造形怪獣の中で最小の10cmくらいを想定しています。
第11号 『昭和ガメラ?』制作記~その1 (2)
さらに、リアルな造形ではなく、デフォルメして制作しているので、今までとは少し違うテイストになると思います。



初代ゴジラは、もうすぐ完成なのでコッチに集中と行きたいところですが、メインの新作の制作が始まると、今度はコッチの制作が滞りそうです。
でも、元々“おまけ”程度に遊びで始めたので、優先順位は低めです。



さて、次は何を作ろうかな?(笑)



そんな感じ。



← to be continued

『第56回 静岡ホビーショー 第28回モデラーズクラブ合同作品展』に初参加!!

先日、5月13・14日にツインメッセ静岡で開催された、

『第56回 静岡ホビーショー 第28回モデラーズクラブ合同作品展』



“静岡県東部模型同好会 すとらいくべぜる”

の一員として初参加してきました!!



はぁ~、緊張した~(汗)



というわけで、とても貴重な体験ができたので、少し(かなり?)だけ報告と感想をお話ししたいと思います。


「すとらいくべぜる」のブースです。
第56回静岡ホビーショー モデラーズクラブ初参加(1)
設営中の時の写真です。
実はサークルの方々にも、実物を見せるのは当日が初めてでした。


もっとスペースを取ると思っていたのですが、十分な広さが確保されていて助かりました。
私は、何もかもがブッツケ本番だったので当日まで不安が絶えなかったです(笑)


しかも、前日も眠れなくて、当日は寝不足のまま会場入りしました(汗)



初日は、雨にもかかわらず、会場は満員御礼状態!すごい人の数でした!!
2日目(最終日)は、さらにすごい人でした(笑)



そして今回、初参加にあたって持ってきた「G3ガメラ」、「シン・ゴジラ第四形態」、「デスゴジ」の3体。
第56回静岡ホビーショー モデラーズクラブ初参加(2)
初めて身内以外の人の目に触れるということもあり、作者本人はド緊張、見た方がどんな反応をするのか気になってドキドキでした。



それにしても、会場の照明の力は凄まじく、自分で言うのもなんですが、自宅に飾っていた時の何倍もカッコ良く見えました!



それで、お客さんの反応ですが、率直な感想としては、非常に興味深かったです!
第56回静岡ホビーショー モデラーズクラブ初参加(3)
特に気になっていたのは、子どもの反応。
ポジティブ&ネガティブの正直な感想を聞けそうで、何気に楽しみにしてました!


シンゴジは旬なテーマということもあり、コレに気づいて見に来てくれる子がたくさんいました!
中には怖がる子もいました。なんかすみません。


意外だったのは、デスゴジとガメラへの反応でした。
世代的にはどちらの公開時期にも生まれていないはずですが、デスゴジを見た子の多くは“バーニング・ゴジラ”と呼び、知っている子が多かったですね。ウルトラマン等の怪獣モノの影響か、もしくはシンゴジの影響が大きいのでしょうかね?


それに対して、ガメラを知っている子は割と少なかったですね。
知っている子もいましたが、知らないが大半な感じがしました。ゴジラに比べ映画公開時期に差があったりしますし、仕方ないのかもしれませんね。
知らない子は「亀?」、「これもゴジラ?」、「リアル版クッパみたい」など様々な反応を見せてくれました。

知らなかった子は、ぜひガメラもよろしく!



また、大人の反応はというと、

やはりシンゴジは、広告塔として優秀な働きを見せてくれました。
「腕が細い!」、「目が小さい」、「尻尾が長い」といった、過去のゴジラと比較できる方もいて聞いていて面白かったです。
デスゴジと並べたことで、より比較しやすかったと思います。

男性だけでなく、女性の方にも見て頂けてありがたかったです!
「シン・ゴジラって、怖いけど、可哀そう」という感想は目から鱗でしたね。

確かに、ゴジラからすれば“ただ歩いてただけ”ですからね。
第56回静岡ホビーショー モデラーズクラブ初参加(4)
デスゴジは、シンゴジ&ガメラに比べると反応は薄かったのですが、それでも「発光部の塗装がリアル」と言って下さった方もいました!また、口元を見た方が「猫みたい」と言っていました。私の造形のクセですね、鼻の下が少し割れているので、確かに猫みたいなんです(笑)

少なからず“背びれの欠け”に気づいてくださった方もいました!助かります(笑)



そして意外だったのですが、この3体の中で一番評判が良かったは、G3ガメラでした!!


「カッコイイ」、「腕がデカい」、「指の形がすごい」などの感想を聞くことができました!
そういえば、指の形を真似するお客さんもいました!

一般のお客さん以外にも、他のブースのモデラーの方に「センスいいね」や「キットであったらほしい」と言って下さった方がいて、もう感無量です(泣)
アレンジに寛大な方もいて、ホッとしましたね。



共通して見られたのは、皆さん口の中を見ていきますね。
確かに、私も気になるので、絶対見ますけど(笑)


また、シンゴジの尻尾の先は、撮影するほとんどの方が撮っていましたね。
やっぱり気になりますよね。
ただ、私のシンゴジの尻尾は、まだまだ作りこみが甘いので、恥ずかしかったですね(汗)



そして、見て頂いた大半の方が“フルスクラッチ”に驚かれていました。
それに加え、素材が“100円ショップの石粉粘土”だというのにもビックリしてましたね。


ちなみに、私が使用している粘土はセリアの『手芸用 造形ねんど』というものです。
第56回静岡ホビーショー モデラーズクラブ初参加(5)
多分、石粉粘土だと思います。
造形を始めた当初は、ダイソーのモノを使っていましたが、在庫の都合でコッチに変更しました。

ただし、そこは100均、決して良い粘土ではないと思っています。
開封直後は硬く、しばらく水に浸さないと加工がしにくく、乾燥後のひび割れも多いです。そして乾燥しても、そこそこ重いのが難点です。
ただ、以前使用していた100均の粘土よりは毛羽立ちが少なく、丈夫です。


ではなぜこの粘土にこだわっているかというと、それは失敗した時の精神的ダメージが少ないからです。
良い粘土で失敗した時のことを考えると恐ろしくて・・・、とまぁ、そんな理由です(笑)


興味のある方は、一度挑戦してみては如何でしょうか?




そして、ここからは他のブースで見た怪獣作品!


まずは、今年のホビーショーで一番楽しみにしていた「土佐模型クラブ」の『KEI-TASTE MODELING』さんのフルスクラッチ作品!!


昨年、私は見学者として作品を拝見させて頂いたのですが、その時、「来年またお話し出来たらいいですね!」と言って頂き、それは今回の目標でもありました。

実は、私はこの方のブログで作品を拝見してから、自分も作ってみたいと思うようになり造形を始めました。
造形の仕方には、多少の違いはありますが、基本的なことはブログを見て学ばせていただきました。

また、当ブログにいつもコメントを頂きありがとうございます!
今年のホビーショー、本当に楽しみにしてました!


『シン・ゴジラ』
第56回静岡ホビーショー モデラーズクラブ初参加(6)
やっぱり実物は迫力が違いますね!
この牙と尻尾を私のシンゴジに移植したい!(笑)



『ゴジラ2000(ミレゴジ)』
第56回静岡ホビーショー モデラーズクラブ初参加(7)
このミレゴジ、カッコイイです!
背びれのグラデが美しい。



『G1ガメラ』
第56回静岡ホビーショー モデラーズクラブ初参加(8)
かわいい顔して、ズッシリして強そうな感じが良いですね!
このガメラの制作を見て、私もガメラ(G3)を作りたくなってしまったんですよね。


会場では、お忙しい中お話しができて嬉しかったです!
自分も今後の制作の励みになりました!ありがとうございました!!




今回、結構怪獣作品が見れて面白かったです!
第56回静岡ホビーショー モデラーズクラブ初参加(9)
「G3ガメラ」



第56回静岡ホビーショー モデラーズクラブ初参加(10)
「シン・ゴジラ」
美しい!



第56回静岡ホビーショー モデラーズクラブ初参加(11)
「逆ゴジ」



第56回静岡ホビーショー モデラーズクラブ初参加(12)
「バラン」



第56回静岡ホビーショー モデラーズクラブ初参加(13)
「ツインテール」
あと「昭和版モゲラ」もありました。



第56回静岡ホビーショー モデラーズクラブ初参加(14)
「ゼットン」



第56回静岡ホビーショー モデラーズクラブ初参加(15)
“鎌田くん”こと、ゴジラ第二形態。



第56回静岡ホビーショー モデラーズクラブ初参加(16)
「モスラ幼虫」



他にもウルトラマン等もありましたが、見逃しました・・・残念。




というわけで、長くなりましたが以上となります。




「すとらいくべぜる」さんには、本当にお世話になりました。貴重な体験ができて、楽しかったです!!
この場を借りてありがとうございました!!
また何かありましたら宜しくお願い致します。


また、ブースにお越し下さった皆さんにも感謝です!
いろいろな方とお話しができて、とても楽しく勉強になりました!!



今後ですが、展示会に参加するようなことがあるなら、展示方法を少し考えなくてはいけません。
今回、子どもの目線ならともかく、大人の目線では少し見にくく感じたり、説明書きをもっと見やすくする必要があると感じました。
なかなか難しいものですね(汗)


そんな感じ。


おわり。
プロフィール

E.Cザワー

Author:E.Cザワー
イラスト?漫画?を描くことが好き。
見るのも好き(一部作品を除く)
特にキン肉マンが好き。
最近は粘土で怪獣作ってます。
(似顔絵参考:スペースゴジラ)

・好きな漫画:キン肉マン
・好きな作家先生:ゆでたまご、鳥山明、荒木飛呂彦、倉田英之など…
・好きなゲーム:ポケットモンスター
・好きな映画:ゴジラ、ガメラ、天空の城ラピュタ、紅の豚、ジュブナイル
・好きな音楽:サザンオールスターズ、いきものがかり、QUEEN、miwa

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク