所有漫画「ドラゴンボール」

「ドラゴンボール」
全42巻
著者:鳥山明
発行:集英社
ジャンプ・コミックス

ドラゴンボール
かつて週刊少年ジャンプで連載され、コミックが国内累計1億5000万部売り上げた超人気コミック。
最近ではハリウッドで実写映画化され、さらに4月5日よりフジテレビ系で「ドラゴンボール改」が放送開始されている。

ストーリー
主人公・孫悟空は、初めて出会った女の子・ブルマと出会い、七つ集めるとどんな願いでもかなう“ドラゴンボール”を探す摩訶不思議な冒険物語。

ピラフ一味、レッドリボン軍、天下一武道会、ピッコロ大魔王…
幾多の強敵に出会うたび、強く清くたくましく成長する孫悟空の友情と戦いの物語でもある。

その後も、サイヤ人編→フリーザ編→人造人間編→魔人ブウ編と超絶バトルが展開される。


ドラゴンボールの世界は漫画だけにはとどまらず、アニメ、ゲーム、劇場アニメ、実写映画など幅広い。

ちなみに私は、「ドラゴンボールGT」のDVD-BOXを高校生の時買いましたが、「Z」にはさすがに手が出せませんでした…

おわり。

続きを読む

スポンサーサイト

所有漫画「ゴージャス☆アイリン」

「ゴージャス☆アイリン」
短編集
荒木飛呂彦
集英社
YJC-UJ愛蔵版

「ゴージャス☆アイリン」
収録作品
・ゴージャス・アイリン 大女の館の巻
・ゴージャス・アイリン スラム街に来た少女の巻
…アイリンはメイクをすることにより、精神や肉体を変化させる。
「変装」ではなく、なりきってしまうのだ。

・魔少年ビーティー
…連載された「ビーティー」のパイロット版的作品。

・バージニアによろしく
…密室こそ究極のサスペンスだと信じていたころの作品。

・武装ポーカー
…デビュー作。とにかく最後まで読ませたいと願って描かれた作品

・アウトロー・マン
…原稿紛失のため、未収録だった作品。

「ジョジョの奇妙な冒険」の荒木飛呂彦先生の初期短編作品集です。すべて「ジョジョ」連載よりも前の作品を集めたものです。

以前紹介した「死刑執行中脱獄進行中」よりも前に発売された短編集で、単行本未収録だった幻の短編デビュー2作目「アウトロー・マン」が“デジタル復刻掲載”されている。


おわり。

所有漫画「グレネーダー」

「グレネーダー」
全7巻
海瀬壮祐
角川書店
角川コミックス・エース

グレネーダー

“閃士(せんし)”とは銃に長けた武者のことを言う。

時に世は戦国世紀。
金色の髪にの天才少女閃士・天道琉朱奈、乱世を駆ける!
ハイスピード戦国ガンアクション!
(コミック第一巻より)

主人公・天道琉朱奈は故郷を探す旅をしている。
その旅の途中で出会った“殿の虎”(金欠侍)・虎島弥次郎(やっちゃん)とともに都を目指す。
途中の遊郭・桃華楼で一悶着あったのち、そこの雑用係・紅みかんを仲間に加え旅を続ける。

しかし、都を戦火にされることを避けるため、都から“十天閃”と呼ばれる天下最強の閃士たちが琉朱奈たちの前に立ちふさがる。

そして、この漫画の黒幕・道化師(鉄仮面)の目的とは・・・?


、的な感じでどうでしょう?毎回作品の宣伝みたいな文章でお送りしてますが、まぁ、紹介だからいいか。

世界観は日本ぽいけど、日本ではない世界。オリジナルの世界観ですね。
銃を使う“閃士”が多いですが、侍もいる世界です。

ちなみに私は、この作品に登場する“藍前鉄破”というキャラが気に入っています。十天閃の一人なのですが、スケベな性格をしているキャラ。
私が好きなのはこのキャラの使う武器(閃術)“金剛鎧布”。大砲型だったりやりだったり自在に変化する布が何とも面白い。

他には、“紅桃華”の使う“拳槍閃”。見た目は長いケンダマですが、本体と玉は鎖で繋がれていて、玉が何かにぶつかるとその衝撃で球内部の二種類の液体が混合し着火、爆発する仕組みになっている。
また、鎖部分は防御にも使えるので汎用性がある武器だと思う。

このくらいでいいや。

この下は、アニメ版とかの話です。


おわり。

続きを読む

所有漫画「死刑執行中脱獄進行中」

「死刑執行中脱獄進行中」
短編集
原作:荒木飛呂彦
発行:集英社
YJC-UJ愛蔵版

「死刑執行中脱獄進行中」
「ジョジョの奇妙な冒険」の荒木飛呂彦先生の短編集です。
適当に短編漫画を探していた時に、都合よく本屋さんに置いてあったので買いました。

収録作品は全部で四作品。
・「死刑執行中脱獄進行中」…死刑と脱獄を同時に行うお話。
・「ドルチ~ダイハード・ザ・キャット~」…人と猫の船の上の心理サバイバル。
・「岸部露伴は動かない~エピソード16:懺悔室~」…「ジョジョ」第四部に登場する漫画家・岸部露伴をナビゲーターに、露伴先生が「実際に、この耳で聞いた」イタリアの教会の懺悔室での不思議な恐怖の出来事。
・「デッドマンQ」…同じく「ジョジョ」第四部の登場人物で、死んだ殺人鬼、吉良吉影が主人公。吉良吉影の死んだあとの心の平和を願って、精神的に成長していこうとする主人公の行動を描いた作品(←ほぼ本に書いてある文章そのまま)

簡単ですがこんな感じです。

荒木先生の作風、憧れます。昔はジョジョ第六部でトラウマにもなったこともあったけど、今はトラウマも消えジョジョを楽しく読ませていただいてます。
っといっても、私はまだ40巻くらいしか持っていません。(なのに第六部は全巻揃ってる)なんてこった。
なので、私の中でまだ吉良吉影は死んでません。早く続きを読まなければ…

順番的に、荒木先生の短編集の紹介するなら「ゴージャス・アイリン」からのほうがよかったのだろうか?

おわり。

所有漫画「ルート225」

「ルート225」
全1巻
原作:藤野千夜
漫画:志村貴子
発行:講談社
シリウスKC

ルート225
姉のエリ子と弟のダイゴは、公園から家に帰るつもりが、いつの間にか少しずれた世界に迷い込んでしまう。
そこは、亡くなったダイゴの同級生が生きていて、エリ子の仲が悪くなりかけた友達と仲がいいままで、エリ子とダイゴの両親がいない。
世界が違っても、自分の友達は変わらない。
ただ、公衆電話から自宅に電話したときだけ、元の世界の両親と会話ができる。
この不思議な世界から元の世界に帰るための、二人の不思議な冒険の日々。


原作は藤野千夜の同名小説「ルート225」。その漫画版である。


前回まで倉田英之作品ばかり紹介してたので、今回は倉田先生以外の別の作品を紹介しました。
あと、話し出すといつも長くなるので今回から紹介だけにしたいと思います。
たまに、思い出に浸ることもあると思う。

画像が薄くて見づらいと思いますが、スキャナやらなんやらの都合上しかたないのです。
ご了承ください。私も我慢してます。

おわり。
プロフィール

E.Cザワー

Author:E.Cザワー
イラスト?漫画?を描くことが好き。
見るのも好き(一部作品を除く)
特にキン肉マンが好き。
最近は粘土で怪獣作ってます。
(似顔絵参考:スペースゴジラ)

・好きな漫画:キン肉マン
・好きな作家先生:ゆでたまご、鳥山明、荒木飛呂彦、倉田英之など…
・好きなゲーム:ポケットモンスター
・好きな映画:ゴジラ、ガメラ、天空の城ラピュタ、紅の豚、ジュブナイル
・好きな音楽:サザンオールスターズ、いきものがかり、QUEEN、miwa

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク