やっと組めるぜパラドックスの「Sin」デッキ。

どもです。

今年初めての(コレと言って役には立たない)デッキ紹介です。
今回は、新発売のムービーパックに収録されている「Sin」と名のつくカードをメインにしたデッキです。

ちなみに4パック買いましたが、9種類中「ジャンク・ガードナー」だけ出ませんでした。なんでだ!?
(これじゃあ、「真・絆デッキ(?)」が組めないではないか!)

デッキは見切り発車で組んだので、完成度は低いうえにデッキ枚数が多いです。
一応、3月以降の新制限改定にあわせて組みました。まぁ、関係なかったけど。

<Sinデッキ:2011年2月現在>

・上級モンスター(☆5以上)
Sin サイバー・エンド・ドラゴン ×3
Sin スターダスト・ドラゴン ×3
Sin 青眼の白龍 ×3
古代の機械巨竜 ×3
青眼の白龍 ×3
Sin トゥルース・ドラゴン

・下級モンスター(☆4以下)
Sin パラレルギア ×3
スナイプストーカー ×2
機皇帝ワイゼル ×2
機皇帝グランエル

・魔法カード
Sin World ×3
歯車街 ×3
テラ・フォーミング ×3
トレード・イン ×2
カイザー・コロシアム ×2
リミッター解除
サイクロン
ブラック・ホール
闇の誘惑

・罠カード
ゴブリンのやりくり上手 ×3
スキルドレイン

・エクストラデッキ
Sin パラドクス・ドラゴン ×2
サイバー・エンド・ドラゴン ×2

・・・こんな感じ。
パラドックスデッキとして組みたかったんだけど、すべての「Sin」を入れるとさすがに重く、「真紅眼」や「レインボードラゴン」は特に手札で腐りやすく、デッキを圧迫するので採用しませんでした。

地縛神+機皇帝のデッキぽくしたかったんだけどな~。とにかく「Sin」を展開するにはフィールド魔法が必要不可欠。あらゆる「Sin」をサーチでき、パラドクス・ドラゴンを維持するのに必要な「Sin World」と、破壊されても「アンティークギア」を呼べる「歯車街」を投入。「古代の機械巨竜」と「Sinサイバーエンド」は機械族なので「リミッター解除」に対応。
「青眼の白龍」や「Sin青眼」、「機械巨竜」なんかは、「トレードイン」に対応しており、手札で腐っていた時なんかに役に立つ。
「やりくり上手」などをやめて、除去系カードを入れたいのですが、手札事故を想定して手札交換系のカードをある程度入れましたが、本来のこのデッキコンセプトはビートダウンです。でも、それをサポートするカードがほとんど入れられませんでした。

「カイザーコロシアム」は、自分以上にモンスターを展開させないために入っています。「Sin」モンスターは基本的に、場に1体しか存在できない。パワーはデカイけど、複数展開ができない。その為、相手の動きを鈍らせるカードが必要かな?と考えました。状況次第ではシンクロ召喚封じにもなります。
強力な効果モンスターを封じつつ、「Sin」のデメリットを消すこともできる「スキルドレイン」も入れましたが、複数入れるのも有りかな。

「トゥルースドラゴン」は切り札なのですが、サーチカードや、墓地に送るカードが乏しくなってしまった。コレを使うなら「巨大化」もありだったなぁ。

以上のように、まだまだ組みかえる余地はあります。もう少し除去カード増やしてみようかな。


とりあえずこんな感じでした。

おわり。
スポンサーサイト

一、十、百、千、(おジャ)万丈目サンダー。

どもです。

寒いですね。しかも今年ももうすぐ終わりですね。
そんなこんなでまたデッキ紹介です。なんかもうネタ切れだ…。

というわけで、今回は「おジャマ」をテーマにしたデッキです。
アニメGXで、万丈目が使っていたカードでもあります。

大学の友人に「おジャマデッキ作ろうぜ~」と言われたので試しに組んでみました。
私は以前「おジャマ・ピストルズ」というデッキを使っていましたが、「レスキューキャット」の禁止化により弱体化したためやむなく崩しました。今回のは、ほぼ「おジャマ」で構成されているので、前よりもおジャマな感じです。

デッキレシピ~↓

<おジャマ・ワンキル?:2010年12月現在>
・モンスターカード
おジャマ・イエロー ×3
おジャマ・グリーン ×3
おジャマ・ブラック ×3
おジャマ・レッド ×3
おジャマ・ブルー ×3
素早いビッグハムスター ×2

・魔法カード
おジャマ・デルタハリケーン!! ×3
おジャマジック ×3
おジャマ・カントリー ×3
テラ・フォーミング ×3
団結の力 ×2
一族の結束 ×2
強制転移 ×2
ライトニング・ボルテックス ×2
貪欲な壺
ブラック・ホール
未来融合-フューチャー・フュージョン

・罠カード
なし

・エクストラデッキ
おジャマ・キング
おジャマ・ナイト


一応こんな感じ。見てわかるとおり、非常に極端なデッキです。
デッキコンセプトは、おジャマでワンキル。「おジャマ」のカードを駆使しつつ、ワンショットキルを狙っちゃうデッキです。
コンボデッキなので、必要なカードが主に3枚積みされています。なのでコンボカード以外は必須カードだろうが、全部抜きしました。
とくに重要なのは、「おジャマ・ブルー」、「おジャマ・レッド」、「おジャマ・カントリー」、「おジャマジック」、「おジャマ・デルタハリケーン!!」、「団結の力」(もしくは「一族の結束」)の6種類のカード。
これらがそろえば、ワンキルの準備は完了なのですが、そんな簡単には揃いません。

「おジャマ」関連カードをデッキから2枚もをサーチできる「ブルー」はとくに重要。この効果でサーチしたいのは、「カントリー」、「デルタハリケーン」、「おジャマジック」、「おジャマ・レッド」。
「ブルー」の効果は戦闘破壊されないと効果が発動しないので、「ビッグハムスター」で呼ぶか、場の「ブルー」を相手に「強制転移」させて、奪ったモンスターで攻撃するかして効果をなんとか発動させたい。

「レッド」は召喚した時、手札の「おジャマ」を4体まで特殊召喚できるので、「おジャマジック」などで手札に加えた「おジャマ」を大量展開し、それがイエロー、グリーン、ブラックなら「デルタハリケーン」が使える。
「未来融合」は、デッキのおジャマを墓地に落とすために使用します。デッキ圧縮や「カントリー」から蘇生させたりします。そのまま融合召喚を狙うのもいいですが、別にどっちでもいいです。

おジャマでのワンキルの仕方ですが、上記のカードが手札にある場合可能となります。
例えば、「カントリー」を発動し、効果を発動。手札の「おジャマジック」を捨て、墓地からおジャマを1体を攻撃表示で特殊召喚する。
墓地に送られた「おジャマジック」の効果で、手札にイエロー、グリーン、ブラックを加える。
手札の「レッド」を召喚し、効果発動。手札のおジャマ三兄弟を4体まで特殊召喚(この場合、すでに場に2体おジャマがいるので、イエロー、グリーン、ブラックのみを出します)。
これで「デルタハリケーン」の発動条件がそろったので発動し、相手の場は全滅させます。
「カントリー」は、「おジャマ」いる時、場の全てのモンスターの攻守を逆転させるので、おジャマの攻撃力は1000ポイントになります。この時点で、全てのおジャマで直接攻撃すれば、相手に5000ダメージを与えることもできますが、「団結の力」や「一族の結束」があれば9000ダメージを与えることができます。

あくまでこれは都合よくいった場合の話ですがね。

おジャマでワンキルを狙うにはそういったサーチやコンボをしなければなりません。故に時間がかかります。
また弱点も多く、魔法を封じる効果、破壊を無効にする効果、特殊召喚を封じる効果などがそれです。コンボを狙うことだけに執着したデッキなので、相手の行動をカウンターするカードは一切ありません。手札も事故りやすいです。
さらに、モンスターの能力もとても貧弱なので戦闘では一方的に負けてしまいます。

とまぁ~、弱点だらけですが、ロマン重視のデッキコンセプトになってます。

そんな感じ。

おわり。

テーマデッキ「星界の三極神」

どもです。

遊戯王の新シリーズが発売して数週間…なんとなくデッキを組んでみました。
真六武衆とか強いカードもありますが、アニメを見てたら組みたくなる「極神」デッキ。
というわけで今回のテーマは5D's版神のカード「極神」です。

「極神」とは北欧神話の神々をモチーフにした最上級シンクロモンスターのこと。
レベル10のためシンクロするのに苦労します。

とりあえずデッキ内容です。やっぱりほしいカードがまだ足りてないです。

<星界の三極神デッキ:2010年11月現在>

・上級モンスターカード(☆5以上)
極星霊デックアールヴ ×3
D-HERO ディアボリックガイ ×2
サイバー・ドラゴン ×2
THE トリッキー
太陽の神官

・下級モンスター(☆4以下)
極星獣グルファクシ ×3
ダーク・グレファー ×3
墓守の偵察者 ×3
キラー・トマト ×3
レベル・スティーラー ×3
極星天ヴァルキュリア
極星獣タングリスニ
極星霊ドヴェルグ
ゾンビキャリア
ネクロ・ガードナー

・魔法カード
二重召喚 ×2
増援
おろかな埋葬
サイクロン
精神操作
死者蘇生

・罠カード
神の桎梏グレイプニル ×3
サンダー・ブレイク ×2
聖なるバリア-ミラーフォース-
リビングデッドの呼び声

・エクストラデッキ(必須のみ記載)
極神皇トール ×2
極神皇ロキ ×2
極神聖帝オーディン

今のところこんな感じです。
デッキ枚数43枚なので、ホントはもっと減らしたいのだけど、メンドーなのでそのまま載せました。
「三極神」を全てデッキに組み込んだため、かなり重い仕様になっています。

このデッキは、とにかく「極神」のシンクロ召喚を目的としたデッキです。
なるべく早い段階でシンクロ召喚できれば後はパワーでごり押しです。

基本戦法は、「グレファー」から始まります。とにかく、墓地に闇属性をためます。
「ディアボリックガイ」と「スティーラー」を墓地に落とせればなお良いです。

「スティーラー」はレベル調整と数合わせに使います。「極神」は最低でも3体の素材を必要とするため、「グルファクシ」と「ディアボリックガイ」が場にいても仕方ありません。そんなときは「スティーラー」で「ディアボリック」のレベルを下げ自身を召喚することで、レベルとシンクロ素材を確保できる。

また「二重召喚」は、1ターン神召喚の布石になったりするので重要です。

ただ、気を使っていてもやはりレベル調整が難しいので思っていたようにはいきません。

「サイドラ」が二枚、「太陽の神官」が一枚入っていますが、「神官」抜いて「サイドラ」三枚でも構わないですね。

このデッキは、魔法・罠除去カードが少ないので、例え神を呼べたとしても返り討ちにあいやすいです。
自分のターンでは、それなりに強い「ロキ」や「オーディン」ですが、相手のターンでは、ほぼ無防備状態なので安心できない。せめて「ハリケーン」はほしいですね。

ただ、「デックアールヴ」や「グルファクシ」といった比較的レベルの高いチューナーは、シンクロ先に縛りがあるわけではないので、極神以外のシンクロモンスターに繋いだぼうがいい時もあります。

いかんせんデッキ枚数が多くサーチが乏しいため、「ダーク・グレファー」が出せないとデッキが回りにくく、またチューナーが手札に来ないという状況もあるので扱いにくいデッキかもしれません。
墓地を肥やす方法は、「ライトロード」や「カードガンナー」といったカードでもできますが、必要以上に墓地が肥えてしまうことがあるので若干不安です。キーカードを失うことも少なくない。

なので今回のこのデッキはこんな感じになりました。


おわり。

私は遊星デッキと呼んでいます。

どもです。

最近寒くてたまらんです。

話変わって、またやります。遊戯王デッキ紹介。

だいぶ前に「スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン」の入ったジャック・アトラスのテーマデッキを紹介しましたが、今回は「遊戯王5D's」の主人公、不動遊星のデッキをイメージしたデッキ、普段私は“遊星デッキ”と呼んでいるデッキを紹介します。
ですが、“スターストライクブラスト”をボックス買い、パック買いしてことごとく運に見放され、挙句の果てにはシングル価格が1枚千円以上するスーパーレアカード「調律」がこのデッキには入っていません。
「シンクロン」の入ったデッキには、ほぼ必須カードなのに…

なのでデッキ回りには難があります。

とりあえず、デッキ内容を紹介します。

<私は“遊星デッキ”と呼んでいます:2010年11月現在>
・モンスターカード
クイック・シンクロン ×3
ジャンク・シンクロン ×3
サイバー・ドラゴン ×3
チューニング・サポーター ×3
ボルト・ヘッジホッグ ×3
ライトロード・ハンター ライコウ ×3
デブリ・ドラゴン ×2
グローアップ・バルブ ×2
THEトリッキー
ダンディライオン
カード・ガンナー
レベル・スティーラー

・魔法カード
地獄の暴走召喚 ×3
戦士の生還 ×2
光の援軍
増援
おろかな埋葬
ワン・フォー・ワン
死者蘇生
ブラック・ホール
サイクロン
ハリケーン

・罠カード
聖なるバリア-ミラーフォース-
リビングデッドの呼び声
サンダー・ブレイク

・エクストラデッキ(仮:内容は変更することがあります)
シューティング・スター・ドラゴン
フォーミュラ・シンクロン
スターダスト・ドラゴン ×2
ジャンク・ウォリアー
ドリル・ウォリアー
ジャンク・アーチャー
ニトロ・ウォリアー ×2
ジャンク・デストロイヤー
ロード・ウォリアー
A・O・Jカタストル
ブラック・ローズ・ドラゴン
ゴヨウ・ガーディアン
氷結界の龍 ブリューナク


なんか書き出すと盛りだくさんな感じがするな~。デッキ枚数42枚だし…。
「調律」はなくとも墓地肥やししてくれるカードが何枚かあるので、それが時にサーチになることがあります。なので回らないことはないのです。あった方がいいですが…。

基本戦術は、ひたすらシンクロ召喚を狙います。そしてイケるときに「シューティング・スター・ドラゴン」をアクセルシンクロします。
と言っても「シューティング・スター」は召喚できれば強力なのですが、召喚までに苦労するので基本的には他のシンクロ召喚を狙ったほうがいいです。

簡単に言っちゃえば、場と手札と墓地をグルグルするデッキです。
場にシンクロ素材をそろえるために、手札から「ジャンク」や「クイック」などのチューナーや素材となる「サイドラ」や「トリッキー」なんかを出し、墓地に「チューニング・サポーター」や「ボルト・ヘッジホッグ」ため、魔法やモンスター効果などで場に展開します。

シンクロ召喚にはなるべく「チューニング・サポーター」を持ち入りたいところです。1枚ドローはかなりのアドバンテージです。このデッキや、「魚ネクス」なんか使っていて良く感じます。手札1枚(正確には2枚)あれば「トリッキー」が、その1枚がモンスターなら「クイック」が呼べる。そこからシンクロに繋がることもあります。
「チューニング・サポーター」を素材として「フォーミュラ・シンクロン」を召喚すれば、「フォーミュラ」の効果を合わせて2枚もドローできます。「サポーター」を「地獄の暴走召喚」を使用し3体揃え、「ジャンク・デストロイヤー」につなげられれば、相手のカードを3枚まで破壊でき、自分は3枚ドローします。
もっともそれはデッキが回った時の話ですね。

やろうと思えば“クイックダンディ”のコンボもできますが、このデッキには「ダンディライオン」が1枚しかないので、できる機会が少ないです。

シンクロがスムーズに行えれば良いのですが、できないと困ります。このデッキには序盤で活躍する下級レベルのアタッカーがいません。なので墓地肥やしができる「ライトロード・パラディン ジェイン」なんかがいればよかったのですが、入れるスペースがなかったのでやめました。
あと「黄泉ガエル」もあってもいいかもです。シンクロ素材やリリースを確保できる。

エクストラデッキですが、遊星がテーマだけあって、できる限り遊星のカードを使いたいのですが、やはり対戦して思うのは遊星のカードだけでは駄目ですね。「ジャンク・ウォリアー」を2枚入れるか「カタストル」入れるかいつも迷います。たまに「ゴヨウ」はいらないんじゃないかとか思うこともあるけど攻撃力が高いのでいつも優先してしまう。「ロード」抜いて2枚目の「デストロイヤー」の方がいいんじゃないかとかね…。
あと迷うのは「ミスト・ウォーム」や「トリシューラ」といったレベル9の強力モンスターを使いたい時。このレシピにはないですが、気分によって対戦前に入れ替えたりしています。

まぁいいや。

弱点は、除外や能力の低いモンスターを破壊してしまう効果を持つカード。
例えば「王虎ワンフー」や「連鎖除外」のようなカード。このデッキに限ってではないのですが、個人的にカウンターなんかも相手にしたくないですね。

とにかくこんな感じです。レベル調整なんかがむずかしいデッキですが、回れば強いですね。
でもやっぱり「調律」がほしい。

おわり。

魔法使いデッキ

どもです。

最近は書くことがなくてデッキの話しかしていませんが、今日もそんな感じです。


今回は、かなり前に遊びで組んでそこそこ使ってる「魔法使いビートダウン」と私は呼んでいるデッキです。
多分ビートダウン。←たまに用語を使い間違えるので不安。

まぁ、簡単に言っちゃえば、遊戯王の基本戦法“殴ってライフを削る”デッキです。そのデッキのメイン種族を全て魔法使い族にしたデッキです。
これは以前使ってみたいと言った(と思う)「ブリザード・プリンセス」と「氷の女王」が入っています。
漫画版GXで明日香さんが切り札にしていたカードですね。最初は明日香さんデッキにしようと思っていたのですが、結局こうなりました。

ではデッキ内容に入ります。派手なデッキではないです。

<魔法使いビートダウン:2010年10月現在>

・上級モンスター
ブリザード・プリンセス
氷の女王
神聖魔導王エンディミオン
カオス・ソーサラー

・下級モンスター
魔導騎士ブレイカー ×3
創世の預言者 ×3
墓守の偵察者 ×3
霊滅術師カイクウ ×2
見習い魔術師 ×2
執念深き老魔術師 ×2
ライトロード・マジシャン ライラ

・魔法カード
ディメンション・マジック ×3
一族の結束 ×3
魔法族の里
強欲で謙虚な壺
死者蘇生
サイクロン
ハリケーン
ライトニング・ボルテックス

・罠カード
マジシャンズ・サークル ×2
聖なるバリア-ミラーフォース-
神の宣告
王宮のお触れ
激流葬
リビングデッドの呼び声

・エクストラデッキ
なし


こんな感じです。
魔法使い族には強力な効果を持つカードが多いためか、下級モンスターすらサーチするカードが少なく、出たとこ勝負的な戦法になることが多いデッキです。そのため手札の消費は言うまでもなく多いと思います。

見た感じ普通のデッキです。
まず下級モンスターですが、
「魔導騎士ブレイカー」:ほぼ攻撃力1900の主力モンスター。魔法・罠除去持ちの便利カード。
「創世の預言者」:このデッキには少ない光属性で「カオスソーサラー」の布石にもなり、上級レベルの「ブリザード・プリンセス」や「氷の女王」を墓地から回収できる。
「墓守の偵察者」:壁に使ったり、リリース確保に使用。
「霊滅術師カイクウ」:主力級攻撃力に加え、相手の墓地利用を封じる優秀な除外効果。

あとはリクルーターや除去効果モンスターです。戦闘には向いてないモンスターが入っていますが、それらは次につなげるための布石になります。

上級モンスターは、出せるときに出せばいいと思う。通常召喚するよりも「ディメンション・マジック」から出せればベストです。ただし「ブリザード・プリンセス」は通常召喚でないと効果が発動しないので注意。このカードは擬似的に「大寒波」を発生させるためフィニッシャー向きのカードです。序盤で引くとガッカリします。
「エンディミオン」はどっちでもいいですが、コストさえ確保できれば場のカードを1枚破壊できるので便利かな~と思って入れていたんだけど、ここは正直抜いてもいいし、二枚目の「ブリ・プリ」ないし三枚目の「カイクウ」でもいいと思う。

戦闘に関して言うと、「一族の結束」で能力を上げ高攻撃力で攻めるのは基本です。いざとなれば「ディメンション・マジック」で高レベルモンスターを呼ぶのも手です。
基本的に攻撃するのですが除去カードは少ないので、相手の上級モンスターやの罠には注意です。

相手の動きを制限させるために「魔法族の里」と「お触れ」が入っていますが、下手すると自分の首を絞めかねないので発動には注意が必要。でも決まると強いです。それでも最近はモンスター効果が強いのであっても意味をなさないことも…。

シンクロをせず、特殊召喚にあまり頼らないので速攻には向かないですが、ジワジワ攻めるのは得意です。
“昔の遊戯王”みたいなデッキです。
勝つデッキというよりは、遊べるデッキですね。若干使われると嫌なカード(カイクウとか)が意外と刺さります。

そんな感じ。

おわり。

プロフィール

E.Cザワー

Author:E.Cザワー
イラスト?漫画?を描くことが好き。
見るのも好き(一部作品を除く)
特にキン肉マンが好き。
最近は粘土で怪獣作ってます。
(似顔絵参考:スペースゴジラ)

・好きな漫画:キン肉マン
・好きな作家先生:ゆでたまご、鳥山明、荒木飛呂彦、倉田英之など…
・好きなゲーム:ポケットモンスター
・好きな映画:ゴジラ、ガメラ、天空の城ラピュタ、紅の豚、ジュブナイル
・好きな音楽:サザンオールスターズ、いきものがかり、QUEEN、miwa

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク