第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その14 (完)

100円ショップの石粉粘土でのフルスクラッチ『シン・ゴジラ(ゴジラ2016)』制作日記、その14回目にして最終回です。


映画公開の約1カ月前に制作を決心し、コツコツ作業を進めてようやく完成となりました!!


2016年公開『シン・ゴジラ』より、
完全生物 ゴジラ~第四形態~
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その14(1)
制作期間:2016年7月1日~2016年12月3日

サイズ:約38cm(頭部まで)
全高:52cm(最も高いところが尻尾の先)
奥行:56cm(鼻先~尻尾)
幅:28cm

“完全生物”とは、「シン・ゴジラ」のコンセプトであり、また怪獣にはよくある“巨大蛾怪獣”や“宇宙超怪獣”的な意味で付けてみました。

造形的には、開口と若干の前傾姿勢を意識しつつ、いたってシンプルなポーズとなりました。
塗装は当初熱線を意識した配色にしようと思いましたが、結局通常カラーとなりました。


正面。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その14(2)
首が少し前傾気味なので、画像では頭部が大きく見えるかもしれませんが、仕様です(笑)
頭は、ほんの少しだけ左を向いています。



映画公開後しばらくは観に行くことができず、観に行ったところで純粋に映画を楽しんだだけで、造形の参考になりそうな情報をまったく得られなかった私ですが、なんとかネットや雑誌の情報をもとに制作を進めていきました。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その14(3)
一番くじのフィギュアや、1号&2号雛形の写真を主な参考にして、自分なりのゴジラにしていきました。
足は完全に一番くじのフィギュアに影響されてしまいました(笑)



頭部を制作していたころはまだ映画公開前で本当に情報が少なく、それでも口を開けた状態にしたかったので、予告編の咆哮シーンや情報が出たばかりのモンスターアーツの写真を参考にしました。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その14(4)
制作は、最初に作りたい大きさのゴジラをイメージし、それを紙に描いてサイズの目安とし、それに合わせて頭部から制作していきました。

あとは、イメージ画を無視して頭部にあった胴体を制作していきます。
今回はなんとか想定通りのバランスになってくれたと思います。



横から見るとこんな感じ。
画像が横に長くなりましたが、ご了承ください。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その14(5)
奥行を狭めるために、尻尾を無理に上に曲げましたが、若干不自然な形状になってしまいました。
尻尾の背びれ側にもう少しボリュームを持たせればよかったのかな?



問題の尻尾の先は、2号雛形の写真を参考にしましたが、再現は無理と判断し簡単に仕上げました。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その14(6)
尻尾の段々になっている形状は、思っていた感じと全然違う仕上がりになってしまいました(汗)
ある程度できた後に気づいたので、手遅れでした(笑)


予告編で熱線を思わせる紫の発光を見た時、ポーズ的に熱線カラーでも良さそうと思っていたのですが、まさか下顎が割れるなんて想像もしていませんでした(泣)
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その14(7)
普通の状態で熱線を出してくれていたら、紫の塗装のままでも良かったのですが・・・。

とはいえ、熱線を吐くシーンは私的には目から鱗でした。
急速な進化をしていく今回のゴジラ、熱線も黒煙、火炎と段階を踏んで変化するのは面白い発想だなぁと感心してしまいました。
ある意味私には、昭和ゴジラの煙状だった放射熱線が、時代が進むにつれて光線化していくように、それも進化として表現しているのかな?と思ってしまいました。(考えすぎ?)



左右非対称というのも今回のゴジラの特徴。
しかし、意識せずとも自然と造形は左右非対称になっていきました(笑)
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その14(8)
歯(牙)は、製作段階でかなり折ってしまったので、初期よりだいぶ短くなり、鋭さを失ってしまいました(泣)



遂に完成ということで、ようやく飾り棚にしているメタルラックに置けます!
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その14(9)
スペースを確保し、デスゴジの横に配置。一番くじ版も比較に置いてみました。

角度にもよりますが、身長的にはデスゴジもシンゴジも変わらないのに、そのボリュームためにデスゴジよりも大きく見えます。


最後に、
少ない情報をもとに制作を開始した割には形になったなと思います!
とはいえ、制作を進めるうちに新たに情報を得ることができ、完成度は少なからず上がったと思います。
造形的にも難しく、あのタイミングで一番くじのフィギュアをゲットできて本当に良かったと思います。

結局、ネット頼みの制作になりましたが、雛形の写真が載っているフィギュア王は買っておけばよかったと後悔しています。
やはり、参考資料は大事ですね。

塗装も悩み苦労しました。
赤を下地に、黒をどうやって乗せればいいのかわからず、思い切って塗装したらうまいこといったので良かったです。
思い切らなかったら、ひたすらドライブラシで塗装していたかもしれません・・・。
また、背びれの塗装を変更したために大失敗し、あれはかなりのストレスだったのですが、なんとか完成させることができました。

年内に完成出来てホッとしています(笑)


これにて、今回のフルスクラッチ“ゴジラ(2016)~第四形態”の制作日記は終了です。
制作中、あたたかいコメントも頂きとても励みになりました。ありがとうございました!


次回作はまだ決定していませんが、作りたい怪獣はまだまだあるので、何かしらには挑戦するつもりです。

そんな感じ。


第7号 完
スポンサーサイト

第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その13

100円ショップの石粉粘土での『シン・ゴジラ(ゴジラ2016)』制作日記、その13回目です。


今回、いよいよ“背びれ”の塗装に突入。
一応、口だけにマスキングをしてから“つや消し”を吹いてから作業に入りました。


まず、背びれだけに“シルバー”のスプレーを吹きたかったので、背びれ以外にマスキング(テープや紙を使用)をしてから塗装しました。


しかし、ここで問題が発生!
ゴジラの表皮の形状のせいで、マスキングテープがしっかり機能せず隙間ができてしまい、シルバーが漏れてしまいました!!
関係ない肩や腕、足にまで薄っすらシルバーが付いてしまったのです(泣)


そのあとのモチベーションはダダ下がりで、やる気までも消失してしまいましたが、なんとか気を取り直して、修復作業を始めました。
失敗した部分にジャーマングレーをドライブラシで塗装し応急処置としましたが、1、2回程度のドライブラシでは完全に修復できず、まだ少しギラついていました。


修復作業もしつつ、本題の背びれはシルバーの上から、クリアバイオレットを筆で塗装していきました。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その13(1)
最初はドライブラシ気味で塗装していましたが、モールドも深く範囲も思いのほか広く非常に面倒でした。


色の濃い先端部分を先に塗装し、
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その13(2)
下部分はドライブラシでやりました。


胴体部分の背びれをある程度塗装してみました。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その13(3)
参考にしている画像と比較しながら作業を進めていると、なんか違和感を感じてきました。


明らかに色が足りないことに気が付いたのです。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その13(4)
どうも発光の明るい部分に“赤に近い紫”っぽい色があり、いろいろ考えた結果“クリアピンク”にたどり着きました。


たまたま?持っていたので早速試してみました。
持っていたのは覚えていたのですが、何のために買ったのか記憶にないクリアピンク。

よくよく思い出してみると、ガイガンの眼に使おうと思って買ったんだと思います。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その13(5)
自分では割としっくりくる配色。


クリアピンクなのですが、私には薄い紫にしか見えないです。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その13(6)
しかし・・・、この背びれを半分塗り終えたくらいの頃から、ずっと何か違和感を持ち始めます。


自分なりにしっくりくる背びれの色にはなったのですが、いかんせん気に入らなくなってきたのです。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その13(7)
最初の失敗を引きずっていることもあるのですが、いざ塗装してみてやっぱり普通の色の方がこのゴジラにはあっているような気がしてきたのです。
つまりは、“熱線イメージ”ではなく、“通常時”のゴジラに戻したくなってしまったのです。


作業していて、この色にするなら、熱線形態(下顎が裂けた状態)が良かったな~と思い始めたりもしました。
とはいえ、私が制作し始めた頃(頭部の造形)は映画公開前で、予告編で紫に光ることはわかっていましたが、まさか下顎が裂けるとは思いもしませんでした。



それでも、“予告編Ver.”、“熱線の序章Ver.”的な感じで作ろうと思いましたが、どうにも気持ちが落ち着かなくなってしまい、塗料ももったいないですが、塗装しなおすことにしました!!



やっぱりマスキングは全然機能してくれませんでしたが、なんとか戻し作業を終えました。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その13(8)
普通な作品になってしまいますが、こっちの方が落ち着きます。


まだシルバーの修復も残っているので、徐々に直していきます。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その13(9)
完成がまた遠のいてしまいましたが、自分好みの第四形態を作りたかったので仕方ないですね。


作業も佳境なので、次回なんとか完成形をお見せできるように頑張りたいと思います。


いつになるか、作るのかどうかも今のところ考えていませんが、“ゴジラ2016(第四形態)・熱線バージョン”いつか挑戦したいものです!


そんな感じ。


← to be continued

第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その12

100円ショップの石粉粘土での『シン・ゴジラ(ゴジラ2016)』制作日記、その12回目です。


本題に入る前に、
当ブログ内にあるカテゴリーを少しイジりました。

というのも、造形制作日記の記事は全て『ド素人造形部』のカテゴリー内にまとめていましたが、なんとなく読み返し難いと感じたので、各作品ごとにカテゴリーを分けることにしました。
基本的に造形開始1年目の初期3作品(未完成を含む)は、これまで通り『ド素人造形部』とし、比較的まともなガイガン以降は種類ごとに『造形:○○』としました。
これで各作品ごとに制作過程を振り返りやすくなったかな?と思います。

以上、業務連絡でした。



そんなわけで、シン・ゴジラさんの続きです。
前回からそんなに日が経っていませんが、上記の業務連絡を兼ねての経過報告です。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その12(1)
瞳、手・足の爪、口内、牙の塗装を行いました。


爪及び牙は基本的に同じ色を使用しました。
下地にレッドまたはクリアーレッド、爪や牙自体にはダークイエローとホワイトを混ぜた色を使用。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その12(2)
さらに、皮膚に近い部分にクリアーレッド、牙の根本付近にクリアーイエローとクリアーレッドを混ぜた色(黄色よりのオレンジ)をドライブラシで塗りました。


最も苦労したのは瞳の塗装でした。
何度もやり直したので、水分を含みすぎた粘土が柔らかくなってしまったこともありました(汗)
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その12(3)
瞳は下地にジャーマングレー&クリアーレッド、目玉にホワイトを塗り、瞳孔は爪楊枝の尖っていない方の先端の丸い部分を利用してブラックをチョンと付けました。
このチョンにはかなりの緊張と集中力を費やしました(笑)


右目はいいのですが、左目が目玉の変形もあって、少し楕円っぽく見えるかもしれません。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その12(4)
劇中でも話に上がっていた歴代最悪の歯並び。
牙の配置も数もわからなかったので、かなり適当に作った気がします。
牙は元々細く脆かったので、制作過程でかなり折ってしまい、一応、修正できるところは直したのですが、初期に比べるとかなり短くなってしまいました。

相変わらず、口内は暗すぎて見えないですね・・・(汗)
口内だけの写真も撮れば良かったですね。


今度は、いよいよ最後の塗装作業になるであろう“背びれ”です。
背びれも発光をイメージし“紫”を使用するつもりです。
また、艶を残そうと思っているので、先に艶消しを全体に吹こうか迷うところです。


そんな感じ。


← to be continued

第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その11

100円ショップの石粉粘土での『シン・ゴジラ(ゴジラ2016)』制作日記、その11回目です。


本題に入る前に、ガシャポン回してきました!
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その11(1)
『ゴジラ 東宝怪獣墨絵スイング』
初代ゴジラ、シン・ゴジラ、モスラ、ジェットジャガー、サンダ&ガイラの5種類をゲットしました!

ホントは、シンゴジ&初ゴジ狙いで7回やったのですが、まさかのジェットジャガーが3個出てしまいました・・・。
キングギドラとマンダ&轟天号も欲しかったなぁ~(泣)


それでは本題に入ります。

今回より本格的?に地獄の塗装作業に突入します。

塗装はこれまで同様、缶スプレーと筆塗りのみで行います。
エアブラシは持っていません。


まずは下地として“レッド”で塗装しました。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その11(2)
さながら、劇場限定シン・ゴジラソフビといったところでしょうか。

モールドが深すぎて塗料が奥まで届かないので、細かい部分は筆で行いました。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その11(3)
ゴジラの表皮は、普通なら山のような形状になるのですが、私のモールドは雑なところで、もはや穴に近い形状になってしまっているので大変です。
ここはモールドを潰すつもりで、厚塗りで仕上げました。


続いて、中間色に“ジャーマングレー”、その上から“つや消しブラック”を塗装しました。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その11(4)
赤い印象があるシン・ゴジラですが、「ゴジラは赤くねぇ」という名台詞(「ゴジラ・モスラ・キングギドラ大怪獣総攻撃」より)を深く心に刻んでしまっている私は、どうしても黒を強めにしてしまいました。

塗りすぎて失敗したわけではないですよ(笑)


しかし、好んで塗装したとはいえ、少し黒すぎたかも・・・。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その11(5)
それでも赤が強く残る首や尻尾は、慎重に塗装しました。


背びれは色が薄いですが、それは後々の作業に影響すると思ったので、控えめというか、基本的に塗装はしていません。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その11(6)
尻尾の赤の強い部分は、黒を塗る際に赤みを少し失ってしまったので、そこは筆で修正しました。
缶スプレーでの塗り分けは加減が難しいです。


造形及び塗装の参考に役立っている、一番くじ版シン・ゴジラで配色の確認です。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その11(7)
私のはまだツヤがあるのでテカってますが、大体いいんじゃないかな?
比べちゃうとやっぱり黒が強いかな?どちらかというとプライズやバンダイのソフビに近いですかね?

缶スプレーによる塗装はこれで終了です。


お次は筆による塗装です。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その11(8)
かなりわかりにくいですが、こんな感じです。


まだ探り探りで、塗装を始めた今でもどこから塗っていいのか迷走しています。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その11(9)
白目、首、爪、尻尾の塗装に取り掛かったところです。

目はすでに2~3回やり直しています。
爪が赤いのは、とりあえず下地に塗ってみただけです。
尻尾は“キャラクターフレッシュ(2)”をドライブラシで少し塗装しました。


前回の最後に熱線イメージの“紫”を使う案を挙げてしまったので試しに塗装してみました。
下顎が割れてないのに熱線の紫・・・、どうなんでしょうね?(まだ気にしてる)

とにかく発光をイメージしたかったので、“シャインシルバー”を下地に、上から“クリアバイオレット”で塗ってみました。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その11(10)
まさかの写真がぶれるという失態を犯してしまいましたが、いかがでしょうかね?
ちなみに写真の方が、実物よりギラギラしています。
口内にも紫を使いましたが、少しイメージと違ってしまったのでやり直しかもです。

それにしても、これを背びれにもやるのか・・・。完成したらどうなってしまうのだろう・・・(汗)
ツヤがあるとすごいギラギラしそうです。

そういえば缶スプレーで“クリアパープル”ってないみたいですね、あれだけの面積を筆塗りか・・・大変そうだなぁ。
でも、前回のデスゴジの背びれもほとんど筆塗りのようなものでした。あれはあれで大変でしたが・・・。


現在は、爪や牙にしっくりくる色を模索・調色しています。


そんな感じ。


← to be continued

第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その10

100円ショップの石粉粘土での『シン・ゴジラ(ゴジラ2016)』制作日記、その10回目です。

11月3日は、ゴジラの誕生日。
私の予定では、11月3日にフルスクラッチ・シンゴジラが完成するはずだったのですが、…案の定、無理でした(笑)

それでも、なんとか11月3日に造形作業を終了しました。


その前に、先日、静岡県は菊川市にある常葉美術館で開催されている『海洋堂フィギュアワールド』というのを観に行ってきました!
展示物の中には「シン・ゴジラ1号雛形」もあり感動!
これが100万のゴジラか・・・、と感心しつつ、制作中だった自分のゴジラの参考にならないかと見学してました。

その後、自宅に帰った私は、つい本物と自分のを比べてしまい、「やっぱ違うな~」と感じながら少しイジり直しました。
というか、そもそも比べてはいけませんね。私なりのシン・ゴジラを作ることにします(反省)



そんなこんなで、E.Cザワー版シン・ゴジラはこんな感じになりました!

前回更新後、背びれのモールドを行いました。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その10(1)
私が使用している100円ショップの粘土は、固まるとヒビ割れ多く、水溶き粘土での溝埋めが大変でした。
なんなら埋まりきらないので、もうこの素材感を活かすしかないですね。開き直りました。


ちゃんとした撮影環境がないので、写りが最悪ですね(汗)
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その10(2)
私は造形の参考に、一番くじのソフビと雛形(1号&2号)の画像を見ていました。
ですが、未だに1号と2号の雛形の違いがわかっておらず、両方を参考にしていいのだろうか?といつも感じていました。


肩や腰あたりにある小さな突起や、足の謎の小さな爪の本数が違うことに後で気づいたりするので、一通り作業を終えた部分をやり直すのは骨が折れました。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その10(3)
一番端の小さな背びれは、なかなかいい資料を見つけられなくて所々適当に作ってしまいました。


そして問題の尻尾。
モールド・形状の解釈を勘違いしていたので、オリジナルとは少し違うと思います。
先端はもうわからないです。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その10(4)
尻尾は、分割して作業できるように途中で切り離しましたが、粘土を盛るにつれ安定感がなくなってしまったので、結局接着してしまいました。塗装が少し大変になりますが、仕方ないですね。


そして、最後まで悩んだ頭部。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その10(5)
前回と少し顔が変わったのがわかりますかね?
瞳を以前の半分くらい小さくし、天頂部を盛り上げ、下あごを少し広げ、牙を数本増やしました。

牙はもっとむき出した方が良かったのですが、初期に行った作業がほとんどで、修正が難しくなってしまいました。
もっと思い切った制作するべきでした。



そして今後、いよいよ塗装作業が始まります。

私は、塗装作業が大嫌いです。絵を描くのは好きですが、色塗りは嫌いです。
でもやらないと完成しないのでやりますけど・・・。


最近は、嫌いな作業に何かしら楽しみを見つけるようにしています。
今回は、作業や技術はともかく、配色をどうするかを楽しみにしようと、かなり前から悩んでました。

でもその前にまずは、サーフェイサーを吹く作業です。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その10(6)
画像は一番新しいものですが、まだサフを吹いて間もない時に撮影したので、まだ途中です。


背びれや尻尾の中心がまだ白いです。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その10(7)
サフの色はグレーですが、色が付くとなんかゴジラ感が出てきた気がしてテンションが上がります。


もう目玉がどこにあるかわかりません。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その10(8)
まだサフ吹きは続きますが、それが終われば塗装の本番です。


ですが、未だに配色に悩んでいます。

当初は、第四形態らしく主に“黒と赤”にするつもりでした。
・・・しかし、ここに来て“紫”を使う案が浮上したのです!

“紫”といえば、熱線を放つ際に、口内・首・背びれなどが発光した時になる色。
紫=熱線とすると、熱線を放つ時、ゴジラの下あごは二股に分かれるので、そこを考えるとどうなのかな?と悩みます。

熱線の序章、もしくは熱線放射後の余韻と都合よく解釈すれば、紫でもありかな?考えすぎ?


そうこうしていたら、一番くじから紫の塗装を施されたシン・ゴジラのソフビ(A賞ビッグソフビのリペイント版)が出るという情報があり、さらに悩むことに・・・。

シン・ゴジラもっと観ておけばよかったかなぁ?


とりあえず、下地に赤を塗りながら考えることにしようかな?


そんな感じ。


← to be continued
プロフィール

E.Cザワー

Author:E.Cザワー
イラスト?漫画?を描くことが好き。
見るのも好き(一部作品を除く)
特にキン肉マンが好き。
最近は粘土で怪獣作ってます。
(似顔絵参考:スペースゴジラ)

・好きな漫画:キン肉マン
・好きな作家先生:ゆでたまご、鳥山明、荒木飛呂彦、倉田英之など…
・好きなゲーム:ポケットモンスター
・好きな映画:ゴジラ、ガメラ、天空の城ラピュタ、紅の豚、ジュブナイル
・好きな音楽:サザンオールスターズ、いきものがかり、QUEEN、miwa

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク