来年もよろしく


今年も終わりだ!

2009年で会おう!


来年もよろしく!!


おわり。
スポンサーサイト

内容の薄い話・・・少し無念。

昨日の話↓

“マジシャンズ・ヴァルキリア”のついたジャスコ限定版「ロード・オブ・マジシャン」を買うことか出来なかった・・・
そのかわり、“トイ・マジシャン”のついた限定版を手に入れました・・・結構どこの店にも置いてあった。当然か、一般店舗用の限定版だもんな…おのれ、地元ジャスコめ・・・開店九時からなんてきいてないよ・・・十時に行っちゃたじゃん・・・

まぁいいや。

今日の話↓

特にないけど、「最上の命医」という漫画を買ってきました。「焼きたてジャぱん」の橋口たかし先生の新作ですね。新作?、すでに三巻まで発売中だった。知らなかった。

よし、今度は「超速スピナー」でも買うか?

おぉう!そういえば、「ジャギ外伝」連載スタートだそうです。
「北斗の拳」の外伝シリーズ、ラオウ、トキ、ユリア、レイに続いて、ジャギ!

なんかよくわからないけど、おもしろそうだ!単行本出たら読もうっと!

本文・おわり。


今週買った漫画…

もやしもん(7)(石川雅之)
ライブオンCARDLIVER翔(3)(漫画:あいやーぼーる、原作:吉川兆二)
遊戯王R(2,3)(原案・監修:高橋和希、漫画:伊藤彰)
銀の聖者 北斗の拳トキ外伝(1~3)(原案:武論尊・原哲夫、作画:ながてゆか)
最上の命医(1~3)(取材・原作:入江謙三&橋口たかし、医療監修:東京大学教授 岩中督)

おわり。

E.Cザワーの棚卸し?な話。

たった五枚の年賀状が未だに描き終わらない今日この頃…

まぁそんなことはいいのですよ、今日は、今年描いたけどブログに載せなかった中途半端なイラストを載せておきます。年忘れってことで・・・
ハルカ エメラルド仕様
ポケモンのハルカですね。
たしか、アニメで再登場した頃に描いたんだと思うけど、ポケット描き忘れたし、ポケモンも描かなかったので、載せるのをやめたんだと思います。
シェイミ
シェイミです。ランドフォルムです。映画見に行った直後くらいに描いたような気が・・・。
普通すぎたので載せませんでした。
らいかデイズ
らいかデイズのらいかさんです。なんか気が乗らなかったので載せませんでした。

これで全部かな?え~こんなホント中途半端な絵ですが、来年はもう少し上達するようそれなりに努力するつもりですので、どうか温かい目で見てやってください。

今日はこれで終わり~。

もやしもんの新刊面白かった。

おわり。

所有漫画「R.O.D」

「R.O.D -READ OR DIE-」
原作:倉田英之
作画:山田秋太郎
発行:集英社
ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ

所有漫画
前回に引き続き倉田英之作品を紹介します。

この「R.O.D」という作品は、漫画のみならず小説、OVA、ドラマCDなど各メディアで幅広く活躍している作品で、OVAの続編はテレビシリーズで放送されました。(テレビシリーズはまた今度紹介します)

主人公、読子・リードマン(25)は、筋金入りの愛書狂(ビブリオマニア)。日本人とイギリス人のハーフ。

ある時は、非常勤教師、またある時は、大英図書館特殊工作部の特殊工作員、コードネーム、“ザ・ペーパー”!
本を愛し、本に愛された彼女は、紙を自在に操る能力者。

漫画版「R.O.D」の第一巻の内容は、小説(原作)版に近いストーリーで展開しますが、漫画版なりの変更はされています。
たとえば、小説版に登場する“シザーハンズ”というキャラは、漫画版では“炎製造会社(ファイヤーインク)”というキャラに変わっています。
これはこれで、おもしろいキャラでした。腰につけているデカいマッチ棒とか。

第二巻以降は、すべて漫画オリジナルストーリーになります。

満州学園や埋蔵図書館、リドリーなどなど…

小説版で少しづつ展開している読子と恋人ドニー・ナカジマの過去話も漫画版では一足先にザックリと登場しています。

小説、アニメでおなじみの、ドレイクやウェンディも登場します。
後半、ジョーカーさんはかなりダークな感じです。


「R.O.D」を初めて読んだのは、確か中三くらいだったかな?ちょうどそのころウルトラジャンプブームで(個人的に)、ウルジャン作品を読んでたんだけど、そのころ連載されていた「R.O.D(READ OR DREAM)」(今回紹介した作品の続編的な作品)を読んで、前作・読子版も読んでみたいな~とか思って読み始めたのがきっかけです。順番としては逆ですね。いつものことです。

「R.O.D」を読んで、原作者である倉田先生のほかの作品も読んでみたくなったので探しました。
でも、倉田先生の作品は、主にアニメの脚本や、アニメの小説だったりで、倉田英之オリジナルという作品はそれほど多くなかった。
私は、倉田先生がかかわっている作品の中でも、なるべく倉田オリジナル(倉田英之原作)の作品を探して読むようにしているので、脚本だけしている原作のある作品(アニメ)にはあまり興味を持ちません。

「クロスロオド」「かみちゅ!」「サムライジ」なんかが倉田オリジナルです。
「かみちゅ!」に関しては、また今度お話しますが、原作者ベサメムーチョに倉田先生が含まれているので興味の対象内です。

この見極めが難しい。基本的に読めるものは読む、見れないものはあきらめるのが私です。

おわり

続きを読む

日曜の話。ジャンプフェスタ編

日曜日に結局、友人二人と“ジャンプフェスタ”へ行ってきました。

土曜の夜八時に高速バスに乗り片道三時間かけて東京駅へ。
東京駅から友人が住むアパートへ約一時間。ついた頃には、深夜〇時半。
そこから、テレビ(CDTV→タイトルがわからないアニメ→シザーハンズ)を見ながら朝までデュエル。過酷なデュエルだった・・・

日曜…

朝七時からゴーオンジャー、仮面ライダー、バトスピを見ながら朝食をとり、九時ころ出発。
途中電車のなかで吐きそうなくらい気持ち悪くなった。寝不足でかなり体調悪化。先が思いやられる・・・

十時半、幕張メッセはジャンプフェスタ会場到着。

展示ブースへ行くか、グッツ販売ブースへ行くか選択を迫られる。
とりあえず、確実にほしいものを手に入れるために、販売ブースを選択。

しかし、販売ブースへの道のりは厳しい…三時間待ち!!
ここへ来て三時間待ちという立ちっぱなし地獄。

会場入りする二時までずっと立ちっぱなしだった…前に並んでたヤツ、PSPしながら進んでたんだけど遅い、なかなか進まない。となり後ろ歩いてた人は気がついた時には、かなり前を歩いていた…あぁ、こいつの後ろにいたせいでかなりロスした…そう思わなければやってらんねぇ…
かなりしんどいねこれは…でも乗り切ったよ。

お目当ての遊戯王のアニバーサリーパックも手に入ったし。ただ、どうせ来年一般販売されるパック買うためだけに並んだのかと思うと、なんか虚しい。

まぁいいや。もう遅い。

そのあとは展示ブースでハッスルだ!とか思っていたんだけど、すっげぇ人、ヒト、HITO!!
コナミブースで、三十分くらい待ってようやくゲームを体験。長かった・・・

その待ち時間の間、デュエルの大会の様子を眺めてたんだけど、あのVジャンプでおなじみのカリスマデュエリストの面々がいてちょっと感動。

キングに流星、ジャンボ牛尾にシロノス、デュエルア?(ありゃどっちだ?)は見れたんだけど、千丈目と三十代は見なかったけど、いなかったのか?

あぁ、自分もデュエル大会参加すればよかった…

でも、一番見たかった原画コーナーは見れた。
ナルト、ワンピ-スはしっかり見たけど、人が多くてなかなか見れない。
キン肉マンのカラー原画はずっと眺めていたかった。持って帰りたかった(無理だけど)
やっぱいいな人の描いた漫画って、原画はなんか見てて感動する。印刷する前の元が、漫画家が命を吹き込んだ一枚の原稿がなんかハートにきた。
自分も何か描きたくなったよ。描けないけど…

あとは適当にその辺ぶらぶらしてきました。バンダイ、スクエニなどなど。
アニメツアーで上映されたドラゴンボールのアニメや、劇場版DVDの予告コマーシャルも見てきました。なんで宣伝だけで鳥肌が立つんだろう、ドラゴンボールすごい。

そういえば、原画コーナーにあったアイシールド21を描いてる漫画家さんの描いた歴代ジャンプキャラほとんどが描かれたデッカイ原画、あれすごかったな~。
ジョジョは丈太郎とスタープラチナが描いてあったな~キン肉マンもちゃんといた。これ描くのいったいどれだけ時間がかかるんだろ?すごいや。 

ふ~結局、閉館時間までいて帰りました。

飯食って三時間またバスに乗って帰りました。家に着いたのは午後十一時半。

お疲れ様でした。

次の日学校がありましたが、一時限目はさすがに昨日の疲れが抜けなかったので、休むことにしました。


ホント疲れた。

おわり。

所有漫画「TRAIN+TRAIN」

TRAIN+TRAIN

原作:倉田英之
漫画:たくま朋正
発行:メディアワークス
電撃コミックス
TRAIN+TRAIN

原作は倉田英之オリジナル作品第一号小説「TRAIN+TRAIN」、この漫画はその小説の漫画版です。

人類が太陽系外に築いた十九番目の第一次植民惑星‐デロカ。この星での発展の成功の理由として特殊な教育機関がある。

その名は「スクールトレイン」。
人材育成を急務とした開拓期の人々が生み出した走る学校。ハイスクール以上の資格を求める十五歳以上の男女は、希望する学科のスクールトレインに乗り込むのだ。
生徒は一年かけてデロカの地表を走り各都市での実地教育を受け単位を取得し卒業していくというシステムになっている。

主人公・坂草礼一と五十嵐理恵は、駅でウィンズビール人と騒動を怒らせてしまいいきなりピンチ。そこに現れた謎の女、アリーナ=ペンドルトン。昼飯食べ放題を条件に二人を助ける…(以下略)

アリーナは、“スペシャルトレイン”と呼ばれるスクールトレインに乗車を希望していた。
スペシャルトレインとは、一年たっても全員が留年、途中でみんな行方不明になったりといい噂がない…

ひょん?なことからスペシャルトレインにアリーナとともに乗り込んでしまった礼一。
この物語は、この“スペシャルトレイン”を舞台に繰り広げられる。


何でしょう、特殊な学園ものでしょうか?いや、そんなスケールの小さな話じゃないなぁ。
だって、鎖振りまわす暴力探偵やら、乱暴なシスター、ア○レちゃんみたいに頭が外れる夢や希望をもたらすお茶の間アンドロイドとか出てくるし…
スペシャルトレインの課題も難儀なものばかり。

まぁなんだ倉田先生ならではの人間ドラマや人間的成長などが見どころ、読みどころでしょうか?

っていうか、小説版は五巻までしか見たことないんだけど、続きはあるのでしょうか?
漫画は全六巻で完結します。最後はかなりデカイ話です。

えっと、今度またあと2、3回くらい倉田先生作品を紹介したいと思います。

おわり。

まだ、ハッキリしませんが・・・

なんか、中学時代の友人から「日曜に“ジャンプフェスタ”に行かないか?」と誘われました。


おわり

所有漫画「らいか・デイズ」

らいか・デイズ
むんこ
出版社:芳文社

↓らいかデイズ第一巻&オールカラー版らいか・デイズの表紙↓
らいか・デイズ
花丸小学校6年2組、児童会長兼学級委員兼裏番長の天才小学生、春菜来華が主人公。
お金持ちの浦部蒔奈、通称・マッキー、裁縫が得意な悠美ちゃん、ギターが得意な陽子ちゃん、普通?なまなみちゃんなど愉快な友人たちや先生たちが登場。(友人や先生たちの名前は基本的に後付け的に命名されている)

来華は天才なんだけど、なんでもできる子というわけではない。教科で言うと家庭科と図工が苦手。ほかは恋愛?
人間的にはしっかりしているけど、意外と弱点の多い天才。

この作品は、ハートフルな四コマ漫画で、基本的に大きな事件はないが、日常的などこか懐かしさを感じるような作品だと思う。でも、イベント事は多いかな?

自分の小学生時代ってどんなんだっけかな?とか思い出してみたけど、宿題に借金制度ってのがあって借金を全部返すのに必死になってたような気がする。大変だったよマジで…
あとは友達とバカ騒ぎ。普通に小学生だったな~。

この漫画を読もうと思った理由はなんだっけかな?
たしか、駅の売店で雑誌の表紙を見たんだ。かなり遠くから。
その時の表紙がこの作品で、最初はなんかOLさんとかなんかそんな感じの作品だと思ってたんだけど、本屋で一巻の表紙を見たとき…あれ?この子ランドセル背負ってる・・・小学生かよ!!と驚いたんだ。
雑誌の表紙を遠くから見たせいか、雰囲気でしか覚えていなかったようで、作風がわからなかったのだと思う。

でもまぁ、この勘違いは正解だった。

自分は、バトル漫画以外にこういう暖かほのぼの系も好きなのよね。むんこ先生はこんな作品が多いね。
これをきっかけに、むんこ先生の作品をあさるように読むようになりました。

「らいか・デイズ」は、現在も『まんがホーム』『まんがタイムオリジナル』の両誌で連載中。
また、単行本も現時点で七巻、オールカラー版が一巻出ています。

財津 紺太はいい先生。

おわり。

学校帰りな話(金曜日の話です)。

はい。では二日前の話です。

学校帰りに車でひとっ走りして某大型?リサイクルショップへ行ってきました。
とりあえず、遊戯王関係を探したあとに・・・ふふふ・・・帰りました。

ホントは昼飯を食べてから行こうと思っていたんだけど、よって行こうと思ったマックをスルーしてしまって、昼飯食べ損ねたんだよね。
だから、店出た後に、どっか適当によろうと思ったんだけど、ことごとくスルーしてしまった。
結局昼飯とったのは、三時半くらい。

おやつというよりもう夕方だよ。

おまけに、車の中で一人で熱唱してたせいで、注文するとき声が微妙に出なかった・・・

あぁ、疲れた。

おわり。

所有漫画「キン肉マン」其の弐

キン肉マン(其の弐)
ゆでたまご

まぁ、前回の続きみたいなものです。
なんか部屋をあさっていたら、文庫版の最終巻が出てきました。
文庫版18巻(完結)
でもなぜかこの巻しかないんだよね。なんで買ったんだろ?

前回、“第21回超人オリンピック”を紹介したので今回は“七人の悪魔超人編”だッ!っと思っていたのですが、なんかこのまま一編一編紹介するの面倒くさくなると思ったので、シリーズ紹介はやめることにしました。
なので、ストーリーザックリ紹介も“七人の悪魔超人編”で最終回です。

しかも最後まで説明してません。途中であきらめました。

ちなみに、悪魔超人編からのストーリーの流れは…

七人の悪魔超人編→黄金のマスク編→夢の超人タッグ編→キン肉星王位争奪編(完)

といった感じです。

え~っと・・・
E.Cザワーの好きな超人ベスト3!(キン肉マンは除く)

第一位:キン肉マンソルジャー(キン肉アタル)
主人公・キン肉スグルの実兄。スグルの生まれる前にキン肉大王によるスパルタ教育に堪えかねたアタルは、反抗し家出。それっきりだったが、隠れて実の弟キン肉マンの闘う姿を見て改心する。王位継承サバイバルマッチに、キン肉マンソルジャーとして参加し、スーパーフェニックス戦において弟のスグルに“真・友情パワー”を提唱。キン肉族三大奥義のひとつ“マッスルスパーク”の断片をスグルに見せ、フェニックスの“マッスルリベンジャー”によって倒され存在まで消滅させられてしまう。

第二位:悪魔将軍
サタンの配下であり、超人の神・ゴールドマン。頭部はゴールドマン本体だが、体は悪魔六騎士でできている。体の中は空洞で軟体、痛みを感じず、バラバラになっても再生する。超人硬度10という超人界最高の硬度を誇る。超人なら誰しもが持つ九つの急所を封じる“地獄の九所封じ”や“地獄の断頭台”を必殺技に持つ。
悪の中の悪であり、キン肉マン史上これ以上の悪はいない(と思う)。最強の悪魔超人。
キン肉マンの新必殺技“キン肉ドライバー”に敗れる。

第三位:テリーマン
初登場のときは、怪獣退治をビジネスにしていて、かなり悪い超人だったが、キン肉マンの大和魂に心打たれ改心。
一対一よりもタッグ専門の超人で、タッグパートナーとしての勝率の方が高い。技は比較的地味で、派手な大技は少ない。荒々しい暴れ馬のようなファイトを得意とするため、“テキサスの暴れ馬”の異名を持つ。
残念なことにテリーマンは、超人オリンピックでの活躍がない。友人や動物を助けるために自らを犠牲にしたために活躍が少ないのだ。ロビンマスク戦ではキン骨マンの銃弾を受け怪我をしたまま戦い。次のオリンピックでは犬を助けて失格になっている。ほとんど、解説や練習相手の立場に回っている。
しかし、少ない戦いの中にも名シーンが多いのも彼の特徴である。特に個人的にザ・魔雲天戦かな?
夢の超人タッグ編では、プリンス・カメハメの遺志を継ぎ、二代目キン肉マングレートとしてキン肉マンと再びタッグを組む。最終的には、ザ・マシンガンズを再結成しヘルミッショネルズに挑む。

こんな感じ?

“続きを読む”から“七人の悪魔超人”の本当にザックリストーリー解説ですが、また文章長いです。

今度は、別の作品を紹介ます。「キン肉マンⅡ世」ではないと思う。

おわり。

続きを読む

昨日と今日の話。

土曜日・・・

半日寝て、午後はコタツの中から、ケーブルの日本映画専門チャンネルで、平成/ミレニアム「ゴジラ」シリーズをずーっと見てました。

ゴジラVSデストロイア、GODZZILA(USA版)、ゴジラ2000、ゴジラ×メカゴジラ、ゴジラ×モスラ×メカゴジラくらいかな?

めちゃイケ面白かった。

日曜日・・・

レポートを終わらせるためにルナトリさんの家に特攻。
しかし、課題は進まず、ルナトリさんは歯医者さんへ・・・

私は、その辺の本屋やスーパー、コンビニをハシゴ。
本屋で腹痛をおこし、近くのスーパーへ駆け込んだりハプニングが!

漫画二冊、アーモンドチョコを購入しました。

歯医者さんから帰ってきたルナトリさんと合流し、課題再開。
歯医者帰りの目の前でチョコレートをこれ見よがしに頬張る。

ふはは

課題は、ルナトリの足を引っ張りながら、茶満さんの協力もあってなんとか終わった・・・と思う。
(茶満さん、ご迷惑おかけしました。心より感謝いたします。)

続きは自宅で消化するべく帰宅することにした。

寒い・・・疲れた・・・腹減った・・・

おわり。


今週買った漫画・・・
ヒャッコ(3、4)(カトウハルアキ)

宇宙へGO!な話

先日、不愉快な夢を見た。

なんか、自分含めた同級生三人で宇宙へ旅立つというなんかFREEDOMな夢を見た。

夢の話なんでところどころ覚えていませんが、いかがわしい政府関係っぽい人にいきなり訓練なしで宇宙へ行けと言われ、明日にも出発すると言ってきた。

はぁ!?って無理だろ!!

訓練なしだよ?重力の訓練とかしてないよ!?
FREEDOMでも訓練してるっての!しかも翌日には宇宙って・・・

当然、私は夢の中で悩みましたよ。
あぁ、俺、死ぬんだ・・・的なネガティブなことずっと考えてたよ。それに、自分高いとこ苦手なんで・・・

でも、同級生は平然としてたよ。なんかキリっとしてたよ。輝いてたよ。(だれだか覚えてないけどさ)

いざ宇宙船に乗ってみたら、やっぱ怖い・・・心の中でずっと死の恐怖におびえていたよ。
で、結局、ロケット発進寸前になった時に目が覚めたよ・・・


なんだこの夢は・・・オチもないよ!
しかも何しに宇宙に行くんだ?さっぱりわからん・・・

まぁいいや。もう寝る。

おわり。

所有漫画「キン肉マン」

キン肉マン 
原作:ゆでたまご

単行本・全36巻
ジャンプコミックスセレクション(JCS)・全26巻
文庫版・全18巻
(画像はJCS版の一巻)
キン肉マン
ちなみに、E.CザワーはJCS版しか持っていません。

言わずと知れたヒーロー漫画の王道。
ダメ超人と呼ばれたキン肉マン(本名・キン肉スグル)は、第キン肉星雲第五惑星キン肉星の王子。
子供の頃、宇宙船に紛れ込んでいたブタと間違われ宇宙に捨てられてしまうという悲しき過去を持つこの漫画の主人公。

これは、ダメ超人から正義超人、そしてキン肉星大王になるまでの、キン肉マンの愛と友情と正義の成長の物語である。

初めは、ヒーロー漫画らしく怪獣と闘いますが、JCS版二巻後半から“第20回超人オリンピック”が始まり、超人プロレス度がガンガン高まります。超人オリンピック決勝・VSロビンマスクでは、白熱した戦いの末、キン肉マン優勝で幕を閉じた。
後の“第21回超人オリンピック ザ・ビッグ・ファイト”では、キン肉マンに復讐するため復活したロビンマスク(バラクーダ)がロボ超人・ウォーズマンをつれ参戦。
ハワイでプリンス・カメハメから伝授された“48の殺人技”のひとつ、キン肉バスターでウォーズマンを破り、超人オリンピックV2という歴史的快挙を成し遂げた。

私がキン肉マンを読みだしたのは中二か中三くらいのとき、アニメ「キン肉マンⅡ世」を見てからだと思う。
Ⅱ世を見て、初代も見てみたいということで漫画を集めだしたんだと思う。ただねぇ~同世代でキン肉マンの話はできなかったね~、知ってる人がいなかったからね。でも一人だけいて、なんか知らないけど私はその人から「マスクマン」と呼ばれていました。別にマスクなんかしてないのに…

懐かし…

“怪獣退治編~第21回超人オリンピック編”の内容をもっと詳しく知りたいという方は、下の追加文章(「続きを読む」)に、説明は下手ですが上の文章よりは詳しくまとめたつもりなので、かなりめんどくさいですが読んで見てね。
(かなり長いです)


今度は、シリーズ別紹介「キン肉マン」“七人の悪魔超人編”だな!
(次回予告ではありません)

おわり。

続きを読む

ブログ改革(たいしたことじゃないよ~)な話。

なんか友人に、
「このE.Cザワーのブログってキン肉マンと遊戯王の話ばっかりだね」
的なことを言われました。

何を言ってんだよ!ポケモンのことだって話してるよ!!
っと言い返しましたが、まったくその通りなわけで…

タイトル通りのなんか図書館っぽいことしたいよね~。でも、私、このタイトルの割には本読まないんだよね…


だから、ほぼ隔週企画を考えてみた!それは、“そんなにたくさんはないけどE.Cザワーの所有している漫画をザックリ紹介しちゃおうのコーナー”的な?

ん?でも、ほかで某作家先生がやってたな似たようなこと…まぁいいか。

カテゴリーは、そうねぇ…今度考えることにするよ。今は思いつかないや。

まぁ、大体“今週買った漫画”に載せたようなタイトルばっかりですが…キン肉マンだけじゃないよ、ほかにも読んでるんだよってことを証明?する無駄企画です。

紹介することによって、ほかの人も紹介した漫画に興味をもつかもしれないし、興味持ったマンガを新刊で買うことによって、漫画家さんの懐も潤うというもの。

紹介するって言っても、全部集めきれてない作品ばっかりなんだけど~…まぁ、いいよね。
ザックリだもん。

一ヶ月に2、3種類紹介すれば半年くらいはこのネタでもつと思うんだ!キン肉マンだったらシリーズごとに分けたり、ジョジョとか部ごと分けて紹介するとかしてさ!長引かせるんだよ!
って、私のジョジョは第四部中間ぶっ飛ばして第六部までしか持ってない…ジョジョ無理じゃん!!

ん~どうだろ?


でも、図書館に漫画って置いてないよね…

そうそう、“ダークライ”ゲットしました。当然モンスターボールです。
ポケモンの話でした。

おわり。

遊戯王GXのタッグフォース3を買ったよ~とかの話

先週になりますが、遊戯王タッグフォース3を買いました。

十代をパートナーにしたストーリーが終わりましたが、最初のボス的なキャラが覇王十代だったのはかなり厳しかったよ…初期デッキにはつらいよあのコンボは・・・

今は、丸藤翔(こんな字だっけ?)のストーリーをやってるよ。
ブラマジガールとクロノスが出てきた!クロノスに勝てないぞ私のデッキは!!
現在の私のデッキは、“なんちゃってコンタクト融合デッキ”的な感じ、ネオスが一枚しかデッキに入ってないかなり使いづらいデッキだ!

がんばろう…


最近買った漫画…
天元突破グレンラガン(3)(著者:森小太郎,原作:GAINAX,監修:中島かずき)
天の覇王~北斗の拳 ラオウ外伝(4,5・完)(原案:武論尊・原哲夫、作画:長田悠幸)
ブレイクカフェ(3)(森ゆきえ)

トキ外伝、ユリア外伝、レイ外伝もほしいな~

おわり。
プロフィール

E.Cザワー

Author:E.Cザワー
イラスト?漫画?を描くことが好き。
見るのも好き(一部作品を除く)
特にキン肉マンが好き。
最近は粘土で怪獣作ってます。
(似顔絵参考:スペースゴジラ)

・好きな漫画:キン肉マン
・好きな作家先生:ゆでたまご、鳥山明、荒木飛呂彦、倉田英之など…
・好きなゲーム:ポケットモンスター
・好きな映画:ゴジラ、ガメラ、天空の城ラピュタ、紅の豚、ジュブナイル
・好きな音楽:サザンオールスターズ、いきものがかり、QUEEN、miwa

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク