ひとりウイルスパニックな話。

いやぁ、テスト期間終了です。もう春休みですよ。はやい、なんて早いんだ、大学生の春休み…

テスト期間中は辛かった。

これでも風邪を引いていたので、それなりに辛かったのよ。まぁ、熱はなかったのでそこまで辛くはないかな。

ただ、テスト中に頭痛は起こすは、だるいはで集中力は途切れまくりです。
結果はどうあれなんとか乗り切った。

やっぱあれか?テスト前に「感染列島」やら「もやしもん」やらウイルス、菌ものばっかり見てたからか?
意識しすぎて自分まで感染したか?

そんなアホな・・・

まぁいいや。治ったし。

インフルエンザでなくてよかった!

おわり。

スポンサーサイト

もやしもんDVD全四巻コンプリートな話とか。

最近買った漫画…
最上の命医(4)(取材・原作:入江謙三,橋口たかし)
華麗なる食卓(31)(ふなつ一輝)
死刑執行中脱獄進行中(短編集)(荒木飛呂彦)

最近買ったDVD…
もやしもん(1)
バオー来訪者

もやしもんのDVDがようやくそろいました。買った順番はバラバラですが、今順番に見ています。
今のところ二巻しか見ていませんが。1クール分しかないのでゆっくり見たいと思います。
なんか、及川の影が薄い気がする。気のせいか?

つか風邪ひきました。鼻がつらいです。いや、のどの方がつらいです。

テスト期間中なんでこの時期の風邪は勘弁してもらいたいものだ。

冬休みのときに、ケーブルテレビでやっていた「北斗の拳 ラオウ伝」両タイトルと「ゴジラVSモスラ」「VSメカゴジラ」をいい加減見なくては…

春休みでいいか。

終わり。


「行く」「行かない」はの自由だ。

"コメント"に厳しいコメントをもらいましたので、少しお話します。

「ドラゴンボール」ハリウッド実写版には確かに私にも抵抗はあります。

映画の製作が始まった頃は、「絶対見ない」と思っていました。

私が、映画を見てみようと思ったのも、製作総指揮の一人に鳥山明先生の名前があったからで…
まぁ、名前だけの可能性もあるが・・・

実写化反対の意見もわかります。日本製漫画のハリウッド実写映画でいい話は聞きませんし。
悟空が外人って想像できなかったし、亀仙人なんかサングラスもないし。クリリンはどうした!?

基本的に、私は否定派です。決して漫画の実写映画化を認めてはいません。

だからと言って、見る前から批判するのはいかがなものか?

確かに、私も嫌いな作品(漫画や小説など)、私の趣味趣向に合わない作品、許容範囲外の作品なんて腐るほどあります。世間で人気があっても、私が好きになるとは限らない。

例えば、大人気某ライトノベル作品や某ギャグ漫画には、一切興味はないし、読む気も起きないというものもあります。「あなたが好きでも、私は嫌いなのよ」的な感じで、この場合「あなたは見たくなくても、私は見てみたいの」みたいな感じ。

しかし、私の場合そのほとんどは食わず嫌い。

読んでみれば面白いと感じるかもしれない作品もあるかもしれないのに、第一印象ですべて切り捨ててしまっている。実写版が面白いかどうかは知りませんが。

また、自分の好きな作品が否定批判されるのは気持ちのいいものではありません。
原作無視のアニメを見る気分です。
初めて「キン○マンレディ」を読んだ時の気分です。(私的にこれはないです)

要は、観てみたら、思っていたほどではないな、と思う可能性があるのでは?ということを言いたい。

それに私は、世間の影響を受けてまで「見たくない」とは思いません。

何を見ようと私の勝手だし、何を思うが私の自由だ。

名作、駄作は見てから決めます。それがもし、駄作だったとしても、その時は「あぁ、やっぱりな」とか思って帰ります。公開は三月からだし、見る見ないを考える時間はあります。

「ドラゴンボールAF」だと思ってみます。いや、「AF」もないな。ただ、勘違いしてる人は多いね。
「AF」を漫画にしている方のサイトの感想にも賛否両論はあった。

それに、すでに完成したものに今更批判しても遅い。もう公開日は決まっているし。

本気で批判する気があるなら、ハリウッドの映画会社を直接批判すればいい。

ネット上で、蔭口のように言っていても伝わりはしない、すでに行動を起こしてこの状況なら、次回作の制作、公開を阻止すればいい。しない方が身のためだが。

それに映画見に行くと言っただけで他人に「観に行ったら~日本人失格よ」とまで言われる筋合いはない!

もしこの先、ハリウッドが調子に乗ろうが、それを世間が批判しようが、私一個人には関係ない。

別に肯定派になれとは言わない、ただ、これはあくまで私の意見であり、私の考えだ。

人がどんな感想を持とうが、そんなのは自由だ。実写「ドラゴンボール」を否定するのも自由だ。
私も別に肯定はしない。

見たくないなら見なければいいだけ。

それだけの話だ。



おわり。
(話がそれていたらゴメンナサイ、すこしイラっときたので今回はいつも以上に文章が乱れました。これは、あくまで私の意見です。誰かに自分の意見を押し付ける気はありません。こういう考え方もあるのでは?という独り言のようなものです。真に受けないでください)

テスト期間ですが映画館に行ってきました、な話。

タイトル通りです。今、私の通う大学はテスト期間なのです。

ですが、今日と明日は私は試験がない。
本来なら勉強しなければならないのですが、私は映画を見に行きました。

去年の夏ころのテスト期間の時も、空いた日に「ポニョ」を見に行きました。
平日はいいぞ~、人は少ないし、日によってはサービス料金だし…

そんなことはいいや、今日は妻夫木聡、檀れい主演の「感染列島」を見てきました。
感染列島(パンフ表紙)
洋画の気分ではなかったので邦画にしました。

最初は「K-20」でも見ようと思っていたのですが、時間的に無理だったので、時間的に無理のなかった「感染列島」を見たというわけです。
まぁ、「容疑者Xの献身」かなんか見に行ったとき、本編始まる前のコマーシャルで見た時から気になっていたのですが。

ウイルスパニックとでもいうのでしょうか?
新型ウイルス感染症が日本全土に広がりに、日本中の人間が死の恐怖に向かい合う。
これは、単なるフィクションのウイルスパニック映画ではなく、実際に起こりうる可能性があるという意味ではかなり怖い映画です。

内容を全部話すわけにはいかないので、詳しくは自分の目で見て感じてください

しかも、始まったばっかりだったのね、この映画。


今度はいつ映画見に行こうかな?行くなら三月以降かな?
これを見に↓
ハリウッド実写版DB
実写版ドラゴンボール。公開前から賛否両論なこの映画。ん~気になる。
っていうか、怖いもの見たさ?

他にはこれかな?↓
ストリートファイター
実写版ストリートファイター。主人公はチュンリー。

個人的には、見に行くならドラゴンボールを優先したい。


おわり。

所有漫画「かみちゅ!」

「かみちゅ!」
全二巻
原作:ベサメムーチョ
キャラクター原案:羽音たらく
著者:鳴子ハナハル
発行:メディアワークス

かみちゅ!
前回、前々回と「R.O.D」についてお話しましたが、「R.O.D」の次に紹介するなら忘れてはならないのが、この作品「かみちゅ!」

この「かみちゅ!」は、「R.O.D」アニメ制作スタッフが再結成して制作したアニメ作品で“2005年度文化庁メディア芸術祭アニメーション部門、優秀賞”まで受賞した、制作者いわく「国までコロッと騙されるような」作品、その漫画版です。

作品内容は、主人公・一橋ゆりえが朝起きたら突然“神様”になってしまうというお話。
第一印象としては、「なんのこっちゃ?」ですが、そんな感想を思う暇もなく、お話は淡々と進んでいきます。

友人・四条光恵の感想も「ふ~ん」の一言。ゆりえに冷たいんじゃなくてただ単に友達が神様になっても気にしないだけなんですね。

そして、問答無用な神社の娘にして心の友・三枝祀に絡まれ、ゆりえがいったい何の神様なのか調べるために学校の屋上で実験を開始する。

屋上にはゆりえが思いを寄せる二宮健児君が。二宮君はたった一人の書道部で一度書道を始めるとそれ以外の周りが見えなくなるほどの変わった子。

この物語はゆりえと二宮君の?爆裂ハートフルコメディ。

「神様で中学生…じゃ“かみちゅ”でいいんじゃない?」

そんな作品です。(説明になってないな…)

まぁ、簡単な話ラブコメです。恋する神様のラブコメ?です。(なんか言ってて恥ずかしい)
「R.O.D」のときのようなバイオレンスは当然ありません。
ゆりえがなんの神様なのかを知るために神様としての仕事をこなしつつ、二宮君との距離を縮めるような…そんな感じ。

舞台は“尾道”!海・坂・階段(?)の尾道です。映画のロケ地として有名なところですね。「時をかける少女」などで有名です。(アニメじゃないよ)

漫画とアニメの違いを説明すると、最初の頃は漫画もアニメも展開に違いはありませんが、やっぱり漫画オリジナルのお話は出てきます。
一番の違いは最終回ですね。タイトルは同じですけど。


キャラクター原案は「R.O.D」と同じく羽音たらく先生です。
漫画は、鳴子ハナハル先生です。
鳴子先生は、暖かい絵を描きますが、基本、成人向けの作品が多い漫画家さんです。ああいうのって結構いいかげんなストーリーが多いと思っていたけど(失言)、鳴子先生は一つの作品として楽しめる、感動できるような作品もあって、幅の広さがうかがえます。(まぁ、成人向けなんで当然そういう行為があるのですが、ここでは説明できません。)

現在、倉田英之先生とまたコンビで作品を描いているそうですが、単行本はまだかな?
「ノイジィ・ガール」だっけかな?(連載中です)

楽しみです。

おわり。

続きを読む

成人式やらなんやら…

成人式と飲み会(運転手なのでコーラしか飲んでいませんが)、次の日のカラオケでもうへとへとです。

疲れた~。

今日はもう寝ます。


ついでに、

今週買った漫画など…
銀の聖者 北斗の拳トキ外伝(4)(原案:武論尊・原哲夫、作画:ながてゆか)
蒼黒の餓狼 北斗の拳レイ外伝(1,2)(原案:武論尊・原哲夫、作画:猫井ヤスユキ)
オールカラー版らいか・デイズ(2)(むんこ)

もやしもん(DVD・2~4)


おわり。

所有漫画「R.O.D(READ OR DREAM)」

「R.O.D(READ OR DREAM)」
原作:倉田英之
作画:綾永らん
発行:集英社
ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ

READ OR DREAM
前回紹介した「R.O.D」の続編です。全四巻です。

続編といっても漫画の「R.O.D(READ OR DREAM)」(以下「DREAM」)は、前回紹介した「R.O.D」とは、ほとんど関係ないといってもいいでしょう。

DREAMは、アニタ、ミシェール、マギーの三姉妹、通称・紙姉妹の経営する「紙姉妹探偵社」をメインにした日常漫画。

「R.O.D」なので三人とも紙使い。
紙技を駆使して難関に立ち向かう。

ミシェールとマギーは愛書狂(ビブリオマニア)、アニタは逆に本嫌い。

あと、OVA版「R.O.D」の続編、「R.O.D-THE TV-」というのがあります。これは、フジテレビの深夜帯に放送されていたテレビシリーズです。なんか、途中で放送終了したそうですが・・・ちゃんと完結してます。テレビシリーズは後でまた説明します。

DREAMとテレビシリーズはキャラクターは同じなのですが、ストーリー的にはかなり違います。
日常部分はどちらものほほんとした空気ですが、やはりバトルになると差が出てきます。テレビ版ではすこしバイオレンスなキャラも出てくるので、それなりのバイオレンスな表現も出てきます。

DERAMは、ハートフルコメディ?ですね。どちらかというと。
アニタの友人チーホンや、怪読リリーといった漫画だけのキャラもたくさんいますが、後半にはテレビシリーズにも登場する菱石久美も登場します。設定はテレビ版とは多少異なりますが。

そして、最終回にはあの人が…


この「R.O.D」は、おそらく私が初めて買った「R.O.D」ですね。たしか、中2~中3くらいに買ったと思う。
このあとウルトラジャンプがマイブームに・・・
DVD買い始めてのは高校入ってからだね。ドラゴンボールGTのDVD-BOX買ったおかげで当時貯金はすっからかんだったよ・・・

アニタは自分が子どもキャラ描くときのよく参考にしてます。ガキすぎなくて大人すぎない子どもキャラ。みたいな。たぶん、自分が描ける子どもキャラとしてちょうどいいんだと思う。
あまりにもガキすぎるのは嫌いなんで。
ん~自分で言っててよくわからん。アニタに限らずこの三姉妹のバランスは舛成監督か倉田先生も言ってたけど、ものすごくいいと思う。三人組の定義は、無邪気(アニタ?)、冷静(マギー)、安定感時々暴走(ミシェール)とか勝手に思ってる。

自分もしっかりキャラのできたキャラを描きたい・・・

おわり。

続きを読む

年末年始の話。

いや~冬休みも終わって昨日から授業再開です。

ダルいですね~。今年初めの授業だってのに、電車内で早々に腹痛を起こしまして、かなりピンチだったのは言うまでもないでしょう。
途中寝たので、痛み半減です。そのあとの波はデカかった・・・

下品話はその辺にして、年末年始の話を少しします。

年末はといえば、M-1(12月21日放送)ですが、私はジャンプフェスタに行っていたので見れませんでした。
ですが、30日(かな?)に放送された、ビートたけしの超常現象の番組は見ました。
オカルト関係の番組は好きなのでよく見てます。この番組は毎年楽しみにしている番組の一つです。

心霊ビデオから始まり、UMA、宇宙人、気功といった不思議満載な番組です。

そうだ!年末といえば、ダイナマイト!いや、ホントはずっと紅白見てたんですが、番組の途中でニュースに入ったとき、たまたまダイナマイトのチャンネルにしたら、なんとあのキン肉万太郎がダイナマイトに参戦してるではありませんか!?

以前、某動画サイトでケビン・マスク(「キン肉マンⅡ世」より、ロビン・マスクの息子)が闘っている試合を見たことがあったのですが、今度は万太郎が!

しかも相手は、ボブ・サップ!

はじめはサップをかなり押していたのだが、途中マスクのずれを直したせいで逆転されてしまい、結局負けてしまった・・・
キン肉万太郎の名前を使ったからにはここはぜひ勝ってほしかったのですが、残念です。

ぜひ今度は、あのケビンマスクと・・・無理か?

年始!年始はこれといって何もなかったな!「末吉」だったし!例年通り!

あと、遊戯王の話ですが、ようやく“スターダスト・ドラゴン”が手に入りました!今まで、持ってなかったのよね・・・
あとアンティークギアデッキを作ったのですが、意外と面白いね。ただ、生贄素材が少なくなったために手札に上級モンスターが来たらかなり厳しい・・・

まぁ、そんな感じ

「HERO」面白かった。

おわり。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

2009年です。平成21年です。

またお会いしましたね。どうも、E.Cザワーです。

今年もよろしくお願いします。

おわり。
プロフィール

E.Cザワー

Author:E.Cザワー
イラスト?漫画?を描くことが好き。
見るのも好き(一部作品を除く)
特にキン肉マンが好き。
最近は粘土で怪獣作ってます。
(似顔絵参考:スペースゴジラ)

・好きな漫画:キン肉マン
・好きな作家先生:ゆでたまご、鳥山明、荒木飛呂彦、倉田英之など…
・好きなゲーム:ポケットモンスター
・好きな映画:ゴジラ、ガメラ、天空の城ラピュタ、紅の豚、ジュブナイル
・好きな音楽:サザンオールスターズ、いきものがかり、QUEEN、miwa

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク