第4号 『ガイガン』制作記~その12

100均石粉粘土によるガイガン制作日記の12回目です。

最近は、性懲りもなくゴジラに再び挑戦している私ですが、そろそろガイガンを完成させなければと思い制作を続けています。

しかし・・・。

私は、室内に乾燥ブースがないので、スプレー作業や長時間の乾燥は基本、外で行っているため、天気が不安定になると、室外作業ができなくなります。
そのため、思ったように作業が進まず完成も遅れています。
締め切りがあるわけではないので、ゆっくり作ればいいのですが、こう長いこと同じもの作っていると、飽きやすい私の場合、モチベーションが下がってしまいます。

そして、いよいよ完成だ!と思いきや、ハプニングが起きてしまいました。

眼も完成し、その接着作業を行っていたら…

…失敗してしまいました。

接着中に眼の周辺が白くなってしまったので、仕方なく修復作業を行ったのです。
ただ、この時点で、またつや消し作業をやらなくてはいけなくなったので、完成が遅れるのわかっていました。

失敗はまだ続き、その作業中、塗料が眼に着かないようにマスキングをして行ったのですが…。

どうやら塗料が乾燥しきっていなかったために、マスキングをはがした際に、ただれてしまいました。
第4号 『ガイガン』制作記~その11(1)
画像ではわかりにくいのですが、しっかり濡れていれば、光がゆがみなく反射していたはずなのです。

眼の接着の時、本体にマスキングをしていれば、修復作業も眼のただれもなかっただろうに…。
第4号 『ガイガン』制作記~その11(2)
私はまだまだ詰めが甘い。

というわけで、まだまだ完成しなさそうです。
11月中には終わらせたかったのにな・・・(泣)

そんな感じ。

← to be continued
スポンサーサイト

第5号 『バーニングゴジラ』制作記~その1

私の造形第4号(怪獣としては2号)作品、ガイガンが完成間近となり、最近は塗料の乾燥を待つことが多くなり、作業という作業がなくなってきました。

そこで、また怪獣を制作することにしました。
(第3号である、Gフォースメカゴジラは完全に頓挫しました)

そして制作する題材は、『バーニングゴジラ』です。
第5号 『ゴジラ1995』制作記~その1(1)
「バーニングゴジラ」という名前は、玩具などで他のゴジラと区別するために使われることが多いですが、ほかにもタイトル・敵怪獣の名前から「デスゴジ」とも呼ばれています。


このゴジラは、1984年の『ゴジラ』から続く“復活ゴジラシリーズ、VSシリーズ”の最終作、1995年に公開されたシリーズ22作目『ゴジラVSデストロイア』に登場。
リトルゴジラとともに住処としていたバース島が消滅し、その影響で体内の核活動が活発化し暴走、この姿になる。
体内の炉心温度が1200度を超えるとメルトダウンを起こし、世界を滅ぼしかねないため、自衛隊のもつスーパーXⅢや冷凍兵器でその活動を抑え込もうとした。
また、1954年に現れた初代ゴジラを消滅させたオキシジェンデストロイヤーから生まれた生物・デストロイアですら、このゴジラに勝つことはできなかった。

キャッチコピーの「ゴジラ、死す」は公開当時、幼稚園生か小学生低学年だった私にとってかなりの衝撃でした。


個人的に歴代ゴジラで一番好きなゴジラかもしれません。


そんなわけで、2015年11月9日から制作を開始しました。

最終目標はバーニングゴジラですが、でも問題はゴジラそのものの造形です。

制作にあたり資料を用意しました。
第5号 『ゴジラ1995』制作記~その1(2)
愛蔵版・超全集と呼ばれる本です。
「VSスペースゴジラ」は幼少の頃に購入したものなのでまぁまぁボロボロ、「VSデストロイア」はこの機に購入しました。
「VSスぺゴジ」は前身はもちろん、顔面の写真が載っているので参考としては最高でした。買っておいてよかったです。

使用する粘土は変更です。
第5号 『ゴジラ1995』制作記~その1(3)
今まではダイソーの石粉粘土を使っていましたが、店に在庫がないらしく手に入らないので、今回はセリアの造形ねんどを使うことにしました。
初めて使うのでどんな粘土かわかりませんが、とりあえずやってみることにしました。


<制作開始:2015年11月9日>
バーニングゴジラの造形は、『ゴジラVSスペースゴジラ』の通称・モゲゴジを参考にします。

最初は前回同様、顔から制作していきます。
第5号 『ゴジラ1995』制作記~その1(4)
画像は、上あごと下あごの土台と、目玉です。
この上に粘土を盛ったり、削ったりしていきます。

数日後こんな感じに。
第5号 『ゴジラ1995』制作記~その1(5)
初めて作った第1号ゴジラの顔が酷かったので、今回はちゃんと似せようと頑張った結果がこれです。
前よりはマシですが、ちょっと鼻のあたりが長くなってしまいました。

なので、鼻から前を切断し、少し縮めてみました。
第5号 『ゴジラ1995』制作記~その1(6)
目が大きく見えるからか、昭和ゴジラ(モスゴジあたりの)に見えてきました。

試しに鉛筆で目を描き、耳をつけてみました。
第5号 『ゴジラ1995』制作記~その1(7)
やっと平成・VSゴジラっぽくなったでしょうか?

この後、キバの制作していきました。
参考の写真を見てはいますが、数えずに適当に何本かチネっていきました。

それを植えつつ、上あごのモールドをしました。
第5号 『ゴジラ1995』制作記~その1(8)
口内は、いまいちわからなかったので、モンスターアーツを参考にさせていただきました。

下あごも、なんか適当に作った気が…。
第5号 『ゴジラ1995』制作記~その1(9)
あとで確認したらちょっと小さいんじゃないかと不安になりました…。
この時点では、まだ下あごにキバは植えていません。

時々、あごを合わせて見本と比べては似てるのか、似てないのか見ています。
第5号 『ゴジラ1995』制作記~その1(10)
どうなんですかね?

ゴジラの造形は、最初のGMK風のせいで若干トラウマ気味で(まだ1体しか作っていないのに)、苦手意識が残っていますが、今度は似るように頑張るつもりです。


そんな感じ。

おわり。

最近ゲットしたフィギュア~箱無しジャンク品

今回は、ジャンク品として中古屋で売られていたフィギュアをいくつかゲットしました。

ただ、ジャンク品は、状態が良くないものがほとんどです。
箱痛み・箱無し・傷あり・パーツ欠け・破損…等ありますが、なるべく気にならないようなものを選んで買うようにしています。
気になってたけど定価で買うほどの情熱はないなっていうのでも、箱は無いけど手を出しやすい価格で売っていることもあるのでつい探してしまいます。

そんなわけで、エヴァのアスカ見つけました。
最近ゲットしたフィギュア~箱無しジャンク品(1)
一番くじ エヴァンゲリヲン新劇場版 リフトオフ ラストワン賞 式波・アスカ・ラングレーフィギュア
(2014年頃発売)

最近は、くじを引くことを控えている私ですが、このアスカはカッコよくて気になっていました。
箱無しで300円くらいだったと思います。


お次は、グレンラガンよりカミナ。
最近ゲットしたフィギュア~箱無しジャンク品(2)
天元突破グレンラガン カミナ
(2008年頃発売)

箱無しでしたが、ガラスケースに入って売られていました。
グレンラガンは、放送当時ドハマりしてよく見ていたので衝動買いしました。
でも500円で購入。


次はイナズマイレブンより。
最近ゲットしたフィギュア~箱無しジャンク品(3)
イナズマイレブン レジェンドプレイヤー 円堂 守
イナズマイレブン レジェンドプレイヤー 風丸 一郎太

(2014年頃発売)

イナズマイレブンは、正直あまりよく知らないのですが、興味本位でゲットしてみました。
箱無しで1体1~200円くらいだったと思います。


最後に、ワンピースよりハンコック。
最近ゲットしたフィギュア~箱無しジャンク品(4)
Portrait.Of.Pirates ワンピース LIMITED EDITION ボア・ハンコック Ver.PURPLE
(2011年頃)

これも箱無しですが、この中では一番高くて800円くらいでした。
これを買った中古屋は、プライズや食玩はともかく、ワンピースの市販品はジャンクでもちょっと高めになる傾向にあります。

カミナやイナイレのフィギュアも市販品のはずなんですが…。
(私的にはありがたいですが)

最近は、ゴジラやガメラのような怪獣系はないかな~?って探していますが、全然ないです。
こればかりは、運しだいなんでしょうがないです。

そんな感じ。

おわり。
プロフィール

E.Cザワー

Author:E.Cザワー
イラスト?漫画?を描くことが好き。
見るのも好き(一部作品を除く)
特にキン肉マンが好き。
最近は粘土で怪獣作ってます。
(似顔絵参考:スペースゴジラ)

・好きな漫画:キン肉マン
・好きな作家先生:ゆでたまご、鳥山明、荒木飛呂彦、倉田英之など…
・好きなゲーム:ポケットモンスター
・好きな映画:ゴジラ、ガメラ、天空の城ラピュタ、紅の豚、ジュブナイル
・好きな音楽:サザンオールスターズ、いきものがかり、QUEEN、miwa

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク