最近買った本~『R.O.D』12巻、10年ぶりの新刊!!

何年か前に新刊発売の情報が出ましたが、しばらくして延期に…。

結局、前巻から10年待ちました!

最近買った本~『R.O.D』12巻、10年ぶりの新刊!!(1)
『R.O.D』(12)(倉田英之)

今スーパーダッシュ文庫じゃないんですね、知りませんでした…。
そんなことより、原作者の倉田先生は、アニメの脚本もやられている方なので、お忙しいのかもしれませんが、待ちに待ちましたよ。日本制作のゴジラ並みに待ちました。

そのため、若干前回までのストーリーを忘れてしまいましたが、なんとか思い出そうと思います(汗)

この「R.O.D」は、私が唯一読んでいるライトノベル作品。(本自体あまり読まないですが…)
ちなみに、以前ちょっとだけ話したかもしれませんが、このブログの名前の“図書館”は実はこの作品の影響だったりします。


新刊発売記念に、読子フィギュアと記念撮影。
最近買った本~『R.O.D』12巻、10年ぶりの新刊!!(2)
私がこの作品を読み始めたのは、中3か、高校生くらいで、その頃は何も気になりませんでしたが、ライトノベルで女性の主人公が25歳という設定は珍しかったんじゃないかな?と今になって思うようになってきました。

帯には、“新作アニメ企画検討中”とあります!!
企画検討中という文字に不安が残りますが、ぜひ新作を実現してほしいです。

そして、最終巻と噂される13巻はいつになるか…?
気長に待ちます!


そんな感じ。

おわり。
スポンサーサイト

第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その4

100円ショップの石粉粘土での『シン・ゴジラ(ゴジラ2016)』制作日記、その4回目です。


最近は、サントラ『シン・ゴジラ音楽集』を聞きながら、映画の興奮を思い出しながら作業しています!


そんなこんなで、前回から約2週間経ちました。
新しい資料を収集せず、相変わらず少ない資料で作業を進めている私ですが、この間に下腹部のモールドを行いました。
そして、ようやく脚部へのモールドを始めました。

参考を見ながら、丸みを帯びた段々の皮膚に、縦のシワを入れるモールドをしました。
丸みを残しながらモールドするのは毎回苦労します。気を付けてやらないと、潰して平らになってしまうからです。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その4(1)
そして、下腹部は後の尻尾作業を考えて途中で中断、もも部分のモールドを行いました。

ですが、私が今回モールドしていて口内なみに形状がよくわからなかったのが、このももの部分でした。
口内よりは資料がありましたが、その資料ごとに形状が微妙に異なっていたので悩んでしまいました。

雛形、ソフビ、モンスターアーツ、一番くじ、エクスプラス版と、画像ではありますが参考を見ながら試行錯誤しながら、とりあえずモールド作業をしてみたのですが、
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その4(2)
なんかしっくりきませんでした。

また、このままだと膝の位置が下がりすぎてしまうと思ったので、気になる部分だけを彫刻刀で削り、やり直すことにしました。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その4(3)
ちなみに、足元のレンガですが、粘土を盛っていくうちに前に重心がかかるようになってしまたので、立たせて全体のバランスを見るときに補助用に置いてあります。


そして、やり直した結果、左右で微妙に違うモールドになってしまった気がします。
結局、一番くじ版と雛形を主な参考にして、胴体や足の付け根と同じようなモールドをしてしまいました。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その4(4)
個人的に、ハードモールドというのか、細かい・荒いモールドに憧れていて、それを目指してやってみたのですが、なんかオリジナルとは違う皮膚感になってしまったかもしれません。

ややアップで見るとこんな感じ。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その4(5)
粘土のつなぎ目や、ヒビが酷いですが、後々修正します。
なんなら、またこのもも部分のモールドそのものをやり直すかもしれません。

まだ表面だけなので、今後は裏面、膝下にモールド作業を行います。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その4(6)
モールドが進むにつれ、首と胴体の長さが気になり出してきました。
首はまだ修正できるけど、胴体はきついなぁ…。


そんな感じ。


← to be continued

第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その3 映画、観たよ!

100円ショップの石粉粘土での『シン・ゴジラ(ゴジラ2016)』制作日記、その3回目です。


観に行きましたよ!『シン・ゴジラ』!
ネタバレになるかもしれないので、個人的な感想は“追記”に記載します。


“その2”の更新から数週間、パッと見特に大きな変化はありません。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その3(2)
というのも、各部微調整を行っていたために、時間がかかってしまいました。
作業机が汚ないですね…(汗)

何が変わったかというと、首の位置を少しだけ鎖骨よりに移動させました。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その3(3)
また、腹部や脚部を削ったり、やり直したりを繰り返し、納得いくまで微調整を行いました。

一番くじのシン・ゴジラフィギュアと見比べて、如何に自分のゴジラのバランスが悪かったか痛感しました。
初心者の私にとって、画像だけでは限界があり、立体物の参考があって良かったです。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その3(4)
今気になっているのは、口が開いている状態で、首が前に倒れている分、首が短く見え頭も大きく見えるかもしれないところ。
一度頭部か首を切り離し、首を少し長くすることも考えましたが、すでにモールドした部分もあって難しいかもしれません…。
やろうと思えばできますが、…めんどくさいなぁ(本音)

脚は最初、様子見でつけてみましたが、現在は別で制作しています。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その3(5)
これは、デスゴジ制作中に粘土を盛り次第で上半身と下半身でバランスが悪くなってしまったことがあり、後が大変だったので、今回は上半身の盛りを見ながら作業しようと考えたからです。

全体のバランスを知りたかったので、尻尾の芯を付けてみました。
この尻尾は今後、太く長くなっていくことでしょう。


さて、映画の公開が始まり、私自身観てしまったので、今後の制作で“知らなかった”が通用しなくなってしまった気がします(震)
実際、アバラ部分が思っていた感じと違っており、また今後“口”に関してどうしよかと思うところがあります。

…なんであんな口の形状なんだよシンゴジさん…(泣)。

とまぁ、いろいろ大変です。


そんな感じ。


← to be continued

続きを読む

プロフィール

E.Cザワー

Author:E.Cザワー
イラスト?漫画?を描くことが好き。
見るのも好き(一部作品を除く)
特にキン肉マンが好き。
最近は粘土で怪獣作ってます。
(似顔絵参考:スペースゴジラ)

・好きな漫画:キン肉マン
・好きな作家先生:ゆでたまご、鳥山明、荒木飛呂彦、倉田英之など…
・好きなゲーム:ポケットモンスター
・好きな映画:ゴジラ、ガメラ、天空の城ラピュタ、紅の豚、ジュブナイル
・好きな音楽:サザンオールスターズ、いきものがかり、QUEEN、miwa

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク