「行く」「行かない」はの自由だ。

"コメント"に厳しいコメントをもらいましたので、少しお話します。

「ドラゴンボール」ハリウッド実写版には確かに私にも抵抗はあります。

映画の製作が始まった頃は、「絶対見ない」と思っていました。

私が、映画を見てみようと思ったのも、製作総指揮の一人に鳥山明先生の名前があったからで…
まぁ、名前だけの可能性もあるが・・・

実写化反対の意見もわかります。日本製漫画のハリウッド実写映画でいい話は聞きませんし。
悟空が外人って想像できなかったし、亀仙人なんかサングラスもないし。クリリンはどうした!?

基本的に、私は否定派です。決して漫画の実写映画化を認めてはいません。

だからと言って、見る前から批判するのはいかがなものか?

確かに、私も嫌いな作品(漫画や小説など)、私の趣味趣向に合わない作品、許容範囲外の作品なんて腐るほどあります。世間で人気があっても、私が好きになるとは限らない。

例えば、大人気某ライトノベル作品や某ギャグ漫画には、一切興味はないし、読む気も起きないというものもあります。「あなたが好きでも、私は嫌いなのよ」的な感じで、この場合「あなたは見たくなくても、私は見てみたいの」みたいな感じ。

しかし、私の場合そのほとんどは食わず嫌い。

読んでみれば面白いと感じるかもしれない作品もあるかもしれないのに、第一印象ですべて切り捨ててしまっている。実写版が面白いかどうかは知りませんが。

また、自分の好きな作品が否定批判されるのは気持ちのいいものではありません。
原作無視のアニメを見る気分です。
初めて「キン○マンレディ」を読んだ時の気分です。(私的にこれはないです)

要は、観てみたら、思っていたほどではないな、と思う可能性があるのでは?ということを言いたい。

それに私は、世間の影響を受けてまで「見たくない」とは思いません。

何を見ようと私の勝手だし、何を思うが私の自由だ。

名作、駄作は見てから決めます。それがもし、駄作だったとしても、その時は「あぁ、やっぱりな」とか思って帰ります。公開は三月からだし、見る見ないを考える時間はあります。

「ドラゴンボールAF」だと思ってみます。いや、「AF」もないな。ただ、勘違いしてる人は多いね。
「AF」を漫画にしている方のサイトの感想にも賛否両論はあった。

それに、すでに完成したものに今更批判しても遅い。もう公開日は決まっているし。

本気で批判する気があるなら、ハリウッドの映画会社を直接批判すればいい。

ネット上で、蔭口のように言っていても伝わりはしない、すでに行動を起こしてこの状況なら、次回作の制作、公開を阻止すればいい。しない方が身のためだが。

それに映画見に行くと言っただけで他人に「観に行ったら~日本人失格よ」とまで言われる筋合いはない!

もしこの先、ハリウッドが調子に乗ろうが、それを世間が批判しようが、私一個人には関係ない。

別に肯定派になれとは言わない、ただ、これはあくまで私の意見であり、私の考えだ。

人がどんな感想を持とうが、そんなのは自由だ。実写「ドラゴンボール」を否定するのも自由だ。
私も別に肯定はしない。

見たくないなら見なければいいだけ。

それだけの話だ。



おわり。
(話がそれていたらゴメンナサイ、すこしイラっときたので今回はいつも以上に文章が乱れました。これは、あくまで私の意見です。誰かに自分の意見を押し付ける気はありません。こういう考え方もあるのでは?という独り言のようなものです。真に受けないでください)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

E.Cザワー

Author:E.Cザワー
イラスト?漫画?を描くことが好き。
見るのも好き(一部作品を除く)
特にキン肉マンが好き。
最近は粘土で怪獣作ってます。
(似顔絵参考:スペースゴジラ)

・好きな漫画:キン肉マン
・好きな作家先生:ゆでたまご、鳥山明、荒木飛呂彦、倉田英之など…
・好きなゲーム:ポケットモンスター
・好きな映画:ゴジラ、ガメラ、天空の城ラピュタ、紅の豚、ジュブナイル
・好きな音楽:サザンオールスターズ、いきものがかり、QUEEN、miwa

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク