最近組んだデッキ話。

どもです。

なんか知らないけど、今頭痛い。

そんなことはどうでもいいか。

暇なんで(ホントは忙しい)、ここ最近組んだ遊び用デッキのこと一個一個紹介するのもメンドーなので一気に語ります。
ガチデッキは一個もありません。

1個目~、「絆デッキ」と呼んでるデッキ。
劇場版「遊戯王~時空を越えた絆」をイメージしたデッキ。
遊戯、十代、遊星のエースモンスター(ブラック・マジシャン、E・HEROネオス、スターダスト・ドラゴン)を丸ごと入れたファンデッキです。
基本戦法は、シンクロンからのシンクロとネオス・ビートです。なんかどっちかを引けば、どっちかが発動して面白い動きをする。ただ、事故り安いので注意。正直、「ブラック・マジシャン」が邪魔で仕方ないのだが、好きなので入れている。それが、ファンデッキ。

2個目~、「ハーレム・デッキ」。
その場のノリと、悪ふざけで組んだデッキで、全てのモンスターが女の子。
遊戯王でも人気のある「ブラック・マジシャン・ガール」や、一部に人気のある「霊使い」などが入った魔法使いデッキ。以前組んだ、魔法使いビートダウンを改造して組んだのだが…。
一応、魔法使い主軸のデッキなので、種族間でシナジーのあるカードをいくつか投入し、なんとか戦えるように組んだ。
でもやっぱり個人的には前のデッキの方が好き。なんでこんなデッキ組んだのか自分でもわからない。近いうち元に戻そうと思う。組んだ後に後悔したデッキもあんまりないな~。

3個目~、「レッドアイズデッキ」。
城之内やフブキングのエース「真紅眼の黒竜」をテーマに組んだデッキ。デッキを組んだ理由は、初代アニメ遊戯王の劇場版を観返て「メテオブラック強くね?」と思ったから。
「青き龍は勝利をもたらす、しかし赤き竜がもたらすのは勝利にあらず可能性なり。ただし、戦う勇気がある者だけに…」というだけあり、このデッキは「可能性=融合」が重要になります。
何とかして融合し、「メテオブラック」または「ブラックデーモンズ」を召喚します。融合サポートや「レッドアイズ・ダークネスメタル」を使用し、大量展開できれば強く見えます。また、「スキルドレイン」や「王宮のお触れ」などで相手の動きを制限できればさらに強く見えます。力押しのパワーデッキです。融合できないと非常に厳しいデッキでもあります。

4個目~、「カラクリ大百科」と呼んでるデッキ。
「カラクリ」デッキです。「カラクリ将軍 無零」と「カラクリ大将軍 無零怒」をシンクロ召喚し、大量展開を狙うデッキです。

5個目~、「なんちゃって六武衆」というデッキ。
なぜ「なんちゃって」かというと、いろいろカードが足りないから。

6個目~、「安上がりインフェルニティ」というデッキ。
「インフェルニティガン」が制限化し、弱体したインフェルニティ。安上がりな理由は「インフェルニティ・デーモン」が1枚しかない。だって高いから…最近は以前ほど高くないけど、それでも手が出ない。
流行した「インフェルニティ」なので、一見ガチっぽいですが、上記の理由からかなり貧弱なデッキです。「ワンハンドレットアイ・ドラゴン」と「インフェルニティ・デス・ドラゴン」を入れて鬼柳のファンデッキ的な感じで組みました。

7個目~、「地縛機皇帝」。
「地縛神」と「機皇帝」を合わせたデッキ。5D’sのボスモンスターが手札に持てるので面白いが、デッキ構築ミスなのか事故りやすい仕様になった。

なんかこんな感じ。
テーマデッキとかファンデッキは、決して強くはないけど使っていて面白いので好きだな。
基本私の持つデッキはそんなデッキばっかりだ。

まぁいいや。

おわり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

E.Cザワー

Author:E.Cザワー
イラスト?漫画?を描くことが好き。
見るのも好き(一部作品を除く)
特にキン肉マンが好き。
最近は粘土で怪獣作ってます。
(似顔絵参考:スペースゴジラ)

・好きな漫画:キン肉マン
・好きな作家先生:ゆでたまご、鳥山明、荒木飛呂彦、倉田英之など…
・好きなゲーム:ポケットモンスター
・好きな映画:ゴジラ、ガメラ、天空の城ラピュタ、紅の豚、ジュブナイル
・好きな音楽:サザンオールスターズ、いきものがかり、QUEEN、miwa

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク