第4号 『ガイガン』制作記~その3

100均石粉粘土によるガイガン制作日記の3回目です。

前回の最後に、そろそろ鱗のモールドをしようか考えていたのですが、その前に尻尾の制作を行うことにしました。

鱗は、背中から尻尾上半分を覆い、また腹部からも尻尾のほぼ中心までを覆っています。
尻尾の接続部分にも鱗が覆うことになるので、まず尻尾を作り、その先から順番にモールドすることにしました。


<尻尾制作>
最初に、胴体にあらかじめ“尻尾の付け根となる部分(短めの芯)”を接着しました。
これは、以前作ったGMK風ゴジラの尻尾の付け根の太さが胴体と比べて不自然だったので、あらかじめ、太さの目安になるように制作しました。

さらにその先に、長い尻尾の続きを接着する形になります。

尻尾の大きさは、リボルテック・ガイガンを参考に、胴体より少し長めにしました。
尻尾の芯には針金を使用し、ちょっと波打つ感じに曲げ、その上にアルミホイルを巻き、さらに重ねて厚みを持たせました。
そして、粘土を薄く盛り硬化を待ちます。

硬化後さらに粘土を盛り、モールドしていきました。

下の写真は、鱗以外の尻尾の制作を終えた状態。
第4号 『ガイガン』制作記~その3(1)
表面は着ぐるみ感を出すために潰したアルミホイルで質感を表現(できたかは微妙)。

尻尾の先は、剣のように鋭くなっているので、この部分は別で制作。
第4号 『ガイガン』制作記~その3(2)
尻尾の中間、地面に着く部分は擦れて削れてしまわないように、念のためスポンジ?を敷いて保護することにしました。
このスポンジは、ミニ四駆のパーツなどに入っている梱包材のようなもので、滑り止めやコースアウト防止に使うために取っておいたものを再利用したものです。

尻尾の粘土の硬化を待っている間に、胸のカッター・尻尾の背びれ・鱗を制作しました。
第4号 『ガイガン』制作記~その3(3)
鱗はひとつずつチネって作っているので非常に面倒です。いくつ作ればいいかもわかりませんし…。

いずれも、形が歪なので、これから調整していきます。


途中ながら、ある程度形になってきたガイガンですが、その大きさを測ってみると、全高:約33㎝(角を含む)、尻尾の長さ:約40cm(尻尾の付け根から)でした。

思っていたよりデカくなったなぁ…。

そんな感じ。

← to be continued
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

E.Cザワー

Author:E.Cザワー
イラスト?漫画?を描くことが好き。
見るのも好き(一部作品を除く)
特にキン肉マンが好き。
最近は粘土で怪獣作ってます。
(似顔絵参考:スペースゴジラ)

・好きな漫画:キン肉マン
・好きな作家先生:ゆでたまご、鳥山明、荒木飛呂彦、倉田英之など…
・好きなゲーム:ポケットモンスター
・好きな映画:ゴジラ、ガメラ、天空の城ラピュタ、紅の豚、ジュブナイル
・好きな音楽:サザンオールスターズ、いきものがかり、QUEEN、miwa

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク