第4号 『ガイガン』制作記~その4

100均石粉粘土によるガイガン制作日記の4回目です。

今回は、作り溜めしておいた“鱗”をリボルテック・ガイガンを参考にしながら接着しました。

まずは、尻尾にある刃のような背びれ?を制作し、接着しました。
そして3~4日かけて、尻尾の付け根付近まで張り終えました。
第4号 『ガイガン』制作記~その4(1)
初めと経過の画像もほしかったなぁ~と、あとで感じました。

やり方は、乾燥させた鱗粘土を一度接着する部分に当て、感じを確認してからバランスが良くなるようにヤスリで研磨、そして接着という感じです。

実際のガイガンの鱗は、もっと薄くて細かいと思うのですが、粘土が厚いのでうまいこと再現はできてない気がします。
第4号 『ガイガン』制作記~その4(2)
途中、鱗の枚数が足りなくなり、一時作業を中断して鱗を再度制作したりもしました。

モールド作業は尻尾の先から始めたのですが、
第4号 『ガイガン』制作記~その4(3)
初めは感じがうまくつかめていなかったので、鱗が不自然に見えます。手遅れです…。
おかげで、剣のような尻尾の先が小さく見えてしまうので、あとで粘土を盛って調整しようと思います。


鱗粘土の在庫が切れたので、作業を中断して再び鱗の制作にかかりながら、ずっと気になっていた両脚のバランスを調節することにしました。
第4号 『ガイガン』制作記~その4(4)
一度、両脚を根元から切断し、膝と足首に切れ目を入れ角度を確認したのち、粘土をツメて固定しました。
ついでに、頭の角も細くて折れやすいので太くしました。

再び足を接着。
第4号 『ガイガン』制作記~その4(5)
以前は、腰を落としたような体制で前かがみ気味だったのですが、わかりづらいかもしれませんが、それが若干修正されました。
前はガニ股気味、修正後は大股仁王立ちのような感じです。

曲がっていた膝も、少し垂直に気味に修正。
第4号 『ガイガン』制作記~その4(6)
この修正で、ちょっとだけ背が高くなりました。

足の接続部がしっかり乾燥したら、またモールドのやり直しです。
尻尾の鱗もまだモールドする部分があるので、引き続き作業します。
鱗はまだ、背中・腹部・首と続いていくので、まめに作りだめしないとです。

そろそろ、両腕と背中の翼?の制作も視野に入れないとです。

そんな感じ。

← to be continued
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

E.Cザワー

Author:E.Cザワー
イラスト?漫画?を描くことが好き。
見るのも好き(一部作品を除く)
特にキン肉マンが好き。
最近は粘土で怪獣作ってます。
(似顔絵参考:スペースゴジラ)

・好きな漫画:キン肉マン
・好きな作家先生:ゆでたまご、鳥山明、荒木飛呂彦、倉田英之など…
・好きなゲーム:ポケットモンスター
・好きな映画:ゴジラ、ガメラ、天空の城ラピュタ、紅の豚、ジュブナイル
・好きな音楽:サザンオールスターズ、いきものがかり、QUEEN、miwa

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク