第4号 『ガイガン』制作記~その6

100均石粉粘土によるガイガン制作日記の6回目です。

チマチマ作っているので、あまり大きな変化はないかもしれませんが、それでもなんとか制作は続けています。

今回は、前回制作した“翼のような背びれ”の続きです。

背びれの土台に植えこまれた針金に、粘土を水かきのようなイメージで薄く盛っていきました。
盛る際、ちょっと弛むくらい多めにつめることで平らではない、ちょっとだけなびく様な感じにしました。

最初は大雑把に粘土を盛ったので、餃子の羽のようになっていたのですが、余分な部分は切り取りヤスリで研磨しました。
第4号 『ガイガン』制作記~その6(1)
その後、針金の芯がある部分の上に、筋を盛り、潰したアルミホイルでモールドしました。

筋の先端は爪のように鋭くなっているので、別に作っておいてから接着しました。

ある程度できてきたら、本体にはめ込んで様子を見てみました。
第4号 『ガイガン』制作記~その6(2)
背びれを付けると、ガイガン作ってるな~って感じがしてきました。

ただ、自分と他人では印象に違いが出ると思います。・・・ガイガンに見えますかね?

後ろから見ると、背びれの土台部分が厚くなってしまったなぁ、と思いました。
第4号 『ガイガン』制作記~その6(3)
背中にも鱗モールドをするので、背びれと背びれの間から見えないといけないのですが、これだとちょっと無理そうですかね?

あと、背びれの乾燥中に、まだ作っていなかった頭部の角を3つ制作しました。
第4号 『ガイガン』制作記~その6(4)
最初は、大きすぎたかな?と違和感がありましたが、なんかもう慣れました。
頭部には、またモールドを行うことになります。

今後は、腹部から首にかけてと背中に、鱗のモールドをしてから、腹にカッターを取り付けようかと考えています。
鱗はまたチネリ作業をしなければならないので、面倒です。

作業開始から2カ月が過ぎましたが、なかなか完成までたどり着けないです。
探り探りで独学で制作しているド素人なので、地道にやるしかないですね。

そんな感じ。

← to be continued
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

E.Cザワー

Author:E.Cザワー
イラスト?漫画?を描くことが好き。
見るのも好き(一部作品を除く)
特にキン肉マンが好き。
最近は粘土で怪獣作ってます。
(似顔絵参考:スペースゴジラ)

・好きな漫画:キン肉マン
・好きな作家先生:ゆでたまご、鳥山明、荒木飛呂彦、倉田英之など…
・好きなゲーム:ポケットモンスター
・好きな映画:ゴジラ、ガメラ、天空の城ラピュタ、紅の豚、ジュブナイル
・好きな音楽:サザンオールスターズ、いきものがかり、QUEEN、miwa

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク