第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その2

100円ショップの石粉粘土での『シン・ゴジラ(ゴジラ2016)』制作日記、その2回目です。


前回制作した頭部にキバを適当な数植え込み、上あごと下あごをドッキングさせたので、次に胴体の制作に取り掛かりました。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その2(1)
新聞紙とアルミホイルでザックリこんな感じの芯を作り、この上に粘土を薄く持っていきました。

前回のデスゴジの時、芯部分が小さすぎたので、理想の体型になるように粘土を盛り、厚みを足したためにかなりの重量になってしまいました。なので、今回はなるべく太めの芯から始められるように気を付けたつもりです。

そして、下地となる粘土を盛り終えたら頭部を接着し、首までモールドしてみました。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その2(2)
ネットで見つけた画像をもとにモールドしてみましたが、正直よくわからないところが多く、ちゃんとできているのかどうか…。

7月中旬現在までに、発売・公開されているシン・ゴジラのフィギュアは、口が開閉できるモンスターアーツを除いて、基本的に閉じているか、少し開いているというのが多く、大きく開けているものがないなと感じたので、自分のではなるべく口を開けさせたいなと思っていました。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その2(3)
“咆哮”を意識したかったのですが、それだと頭を上や前(前傾姿勢気味)に向けなければならず、自分の作りたいゴジラと違うのでそれはやめました。

一応、胸までモールドをやってみましたが、細かいところはまだ模索中なのでこんな感じです。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その2(4)
ただ、2、3回やり直してこの状態です。あとは、爛れた感じのモールドをしなくてはなりません。

ちなみに口内ですが、これもまだわからないことが多く、一応予告編の咆哮シーンとモンスターアーツの画像を参考にして作ってみましたが、見えなかったところは変にならない程度に想像でやりました。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その2(5)
下あごも不満が残っているので、少し修正するつもりです。

この口内を作っているとき、あまりにもキバがモロすぎて、先端が次々に折れてしまいました…(泣)
接着剤で補強してみましたが、塗装に影響が出るかもわかりません。
細かいキバまだ付けるところがあるので、ある程度できてきたら修正も考えたいです。

そんな感じ。

← to be continued
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

E.Cザワー

Author:E.Cザワー
イラスト?漫画?を描くことが好き。
見るのも好き(一部作品を除く)
特にキン肉マンが好き。
最近は粘土で怪獣作ってます。
(似顔絵参考:スペースゴジラ)

・好きな漫画:キン肉マン
・好きな作家先生:ゆでたまご、鳥山明、荒木飛呂彦、倉田英之など…
・好きなゲーム:ポケットモンスター
・好きな映画:ゴジラ、ガメラ、天空の城ラピュタ、紅の豚、ジュブナイル
・好きな音楽:サザンオールスターズ、いきものがかり、QUEEN、miwa

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク