第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その8

100円ショップの石粉粘土での『シン・ゴジラ(ゴジラ2016)』制作日記、その8回目です。


前回の続きで、尻尾のモールドを行いました!

やり残した半分の尻尾のモールドを終えて、問題の“尻尾の先”の制作に突入です。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その7(1)
複雑な形状故に、尻尾の先端だけ切り離して作業を行いました。

映画では、尻尾からも熱線が発射されたのに衝撃を受け、どこから出てんだ?と突っ込みたくなりました。
熱線といえば、背びれからも出ていましたが、過去のゴジラには“体内放射”というものがあったので、それの背中版と自分なりに解釈してみたら意外と冷静でした。

尻尾の先は、再現が難しいので、いろいろ参考になりそうなものを探しました。
結局、雛形及びそのレプリカの写真を参考にすることにしました。

“顔みたい”と言われていた尻尾の先。
雛形(レプリカ)の拡大画像を見たら、ホントに顔のようなものが・・・!!

しかしながら、そこまでは再現しきれないので、その辺はザックリ仕上げました。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その7(2)
尻尾の先の左側。
骨が絡みつく様なモールドは、参考を見ながらでも難しいです。

右側。
意外と右側の資料が少なくて苦労しました。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その7(3)
でも、一番苦しいのはやはり尻尾の先端でした。何がどうなってんのか、何が正しいのか混乱しながらやってました(汗)

下から。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その7(4)
ここもわかる範囲で、それらしく見えるようにごまかしつつモールドしました!

まだヒビ割れが多いので、そこは後で修正します。

尻尾の後半部分に接着して、本体に仮ドッキング。
第7号 『シン・ゴジラ』制作記~その7(5)
尻尾のモールドが終わった後、尻尾の表皮(段々になってる部分)がオリジナルのシン・ゴジラとは少し違うことに気が付きました。
本物と違うなーってところは、制作者のオリジナリティーだと思ってください(笑&汗)


いよいよ次は背びれです!
まだまだ続きますが、やっと造形作業にゴールが見えてきた気がします!!
(まだ真のゴール、地獄の塗装作業もありますが・・・)

そんな感じ。


← to be continued
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お世話になります。

オリジナリティーどころか素晴らしい尻尾の造形だと思います。当方が先に製作を終えましたが、遥かに細かく造形されていますよ(笑)!
どこまで細かく忠実に、どれだけオミットしてアレンジするかが本当に迷い所ですね。

期待してます!

Re: タイトルなし

いつもコメントありがとうございます!!

早く完成させたくて仕方ないのですが、気が付くと妙に細かい作業になってしまい、どんどん自分の首を絞めているような気がしてなりません(汗)
ですが、完成にようやく近づいてきたなと感じられるようになったので、もう少し頑張りたいと思います!
プロフィール

E.Cザワー

Author:E.Cザワー
イラスト?漫画?を描くことが好き。
見るのも好き(一部作品を除く)
特にキン肉マンが好き。
最近は粘土で怪獣作ってます。
(似顔絵参考:スペースゴジラ)

・好きな漫画:キン肉マン
・好きな作家先生:ゆでたまご、鳥山明、荒木飛呂彦、倉田英之など…
・好きなゲーム:ポケットモンスター
・好きな映画:ゴジラ、ガメラ、天空の城ラピュタ、紅の豚、ジュブナイル
・好きな音楽:サザンオールスターズ、いきものがかり、QUEEN、miwa

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク